猫のアゴの下の黒いつぶつぶや汚れ!自宅でケアして綺麗にしよう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク広告




ねこあご

こんにちは。

猫を飼い始めて半年ほどたった頃でしょうか?

可愛い愛猫のアゴの下に黒いつぶつぶ汚れのようなものが目立ち、しかも少し毛がハゲているのを見つけてしまいました。

うちの可愛い猫様の、白くてキレイだったあごが汚れていた時のショック!愕然としました・・・。

しかし、猫は痛がったり、かゆがったりする様子はありません。

アゴの下部分が黒ずんでハゲでいる以外に変わった所はまったくありませんでした。

可愛い愛猫さんを見上げるとあごが黒ずみ汚くなっている・・・
ちょっとショッキング&イメージダウンですよね。

そこで、あの黒いつぶつぶの正体原因。

さらに自分で出来る治し方予防方法までまとめました。

スポンサーリンク

猫のアゴの下の黒いつぶつぶはなに?

猫様のアゴのした部分に出来る黒いつぶつぶの正体は”猫様のアゴにきび”です。

何と!猫にもにきびは出来るんです。

呼び方も、ざ瘡(ざそう)、アゴにきび、アクネといろいろあります。

獣医さんへ行くとだいたい「ざ瘡ですね。」って言われたりしますよ。

猫のにきびの状態にも軽いものから、雑菌が繁殖して重症になってしまうまでの段階があります。

しかし、ある程度の状態のものなら獣医さんに行かずに自分で治す事も可能です。

うちのニャンズもアゴにきびが出来ましたが、二匹とも病院にはかからずに自宅でケアしました。

今ではすっかり元の綺麗なアゴに戻っていますよ!

まず、愛猫の症状レベルを知ろう!

自分でケア出来る状態かどうかは、まず猫様のレベルを確認しましょう。

おたくの愛猫さんのあごはどのような状態ですか?

【軽度】
あごの下が汚くてよく見ると黒いつぶつぶが出来ている。

あごの下に皮脂や汚れがたまり黒ずんでいる状態です。

【中度】
あごの下に黒いつぶつぶもあり所々脱毛している。

炎症が起きあごの毛が抜けている状態です。

【重度】
あごの下部分が脱毛し血が出ている。

炎症がひどく痒いので、強く掻くことで出血しています。

我が家のニャンズは、気づくのが遅く少し脱毛していました。(中度くらいですね。)

しかし、軽度や中度くらいのあごニキビの症状であれば根気よくケアする事で、獣医さんへかからずに治すことができます。

ちなみにあごニキビで獣医さんへ行くと、

初診料    約1,000~1,500円
検査料    約1,000~1,500円
投薬料    約2,000~3,000円(飲み薬と塗り薬)

などで計約4,000~6,000円 かかると言われています。

実践済み!あごニキビ治し方

タオル

病院へ行けば費用もかかるし、時間や猫様にストレスもかかります。

なるべく連れて行きたくはないですよね。

できれば自宅で治してしまいたいものです。

わたしが実践したあごニキビの治し方をご紹介しますね。

用意するものはたった2つ!のみ

・タオル(ハンドタオルくらいの大きさで可)

・ティッシュ

用意する物も少なくて簡単!そして、ケアの方法も簡単ですよ。

【あごニキビの取り方】

①タオルを水で濡らし、レンジで10秒ほど暖める。
(蒸しタオルを作ります)

②暖めたタオルを人肌くらいにまで冷まし、猫のあごをくるむように10~20秒当てる。

猫 あご2−1

③汚れや脂が浮いてくるので、タオルであごを優しくこすり汚れを取る。

猫 あご2−2

④タオルで濡れたアゴを乾いた布やティッシュで拭いて乾かす。

猫 あご2−3

雑菌の繁殖しやすい梅雨時期や、湿度の高い夏場は特によく拭いてくださいね。

アゴを拭いたタオルは結構汚れて猫様のあごが汚れているのに気づきますよ。

あごの下の黒いぶつぶつがひどい時や、少しだけ脱毛している状態の時は、なるべく毎日繰り返してください。

しかし、脱毛がひどく雑菌などに感染して血が出ている。

猫様が痛がる場合は自分で処置せず、獣医さんへ相談してくださいね。

黒いぶつぶつが少なくなっても、繰り返さないためにはあごの清潔が第一です。

週に1度はあごの状態を確認して、汚れていれば拭いてあげてくださいね。

スポンサーリンク

どれくらいで良くなるの?

猫様のアゴに黒いぶつぶつのみの場合は2、3回タオルで拭き取れば奇麗になります。

脱毛するまでになっていると、黒いぶつぶつは取れても再び毛が生えそろうまでは1ヶ月くらいかかります。

アゴの毛が脱毛すると、少しまぬけな感じにも見えますよね。

しかしこの際、それも思い出として写真におさめておきましょう。

(凹んだ時なんかの気分転換になりますよ〜。)

どうしてあごにニキビが出来るの?

猫様にニキビが出来る原因は、アゴの汚れです。

猫のアゴの下は皮脂の分泌が多く、毛穴が詰まりやすい場所なんです。

さらに、猫は自分であごを舐めてお手入れすることが出来ません。

食べ物の汚れも溜まりやすいんです。

猫様が自分でお手入れ出来ない場所は、飼い主さんが奇麗にしてあげたいですよね。

どんな猫がなりやすいの?

アゴにきびはやはりにきびと言うだけあって、1歳までの比較的若い猫さんが出来やすいです。

うちのニャンズも2匹とも生後8ヶ月くらいでアゴにきびができました。。

猫の生後8ヶ月と言えば人間ではまさに13〜14歳!自分の事を思い返せば、にきびも納得ですよね。

また、1度アゴがキレイになっても、お掃除をしないとまたすぐに汚くなってしまいますよ。

ウエットフードをあげた時など、定期的にあごをチェックしてお掃除してあげてくださいね。

まとめ

キーボード

かわいい愛猫のアゴの下に出来る黒いつぶつぶの正体は、アゴにきびです。

猫のアゴは皮脂や食べ物の汚れが付きやすくニキビが出来やすい場所です。

清潔に保つように心がけたいですよね。

特に1歳未満の猫は皮脂の分泌も多く、あごニキビも出来やすいので注意が必要です。

雑菌が繁殖しやすい夏や梅雨時はニキビも悪化しやすいので、特に気をつけてくださいね。

重症のあごニキビ以外は蒸しタオルを使って飼い主さんがケアする事が出来ます。

猫様が痛がらないように優しくケアして、いつまでもきれいなあごをキープしてくださいね。

【こちらの記事も併せてどうぞ!】

猫がアゴ乗せしてくる気持ちを知ったら、嬉しくて堪らなくなった!

猫が落ち着く年齢は?うちの猫いつになったら大人しくなるの?

猫の口元のかわいいωの正式名称って?役割は?マズルじゃないの?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする