猫との生活費は一体いくらかかるの?知っておくべきお金のこと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク広告




お金

こんにちは。

猫と暮らすには一体いくらの生活費が必要なのでしょうか?

憧れの猫との生活は、ワクワクしたりドキドキですよね。

しかし、現実として、一番気になるのは猫と暮らすための生活費ではないでしょうか?

最初は何を用意すればいいの?それっていくらくらいするの?

ご飯は月にいくらくらいかかるの?

おやつもあげた方がいいの?

動物病院って一体いくらかかるの??

今回は猫と暮らす時にかかる月々の生活費や、猫を迎えるために用意したものをご紹介します。

小さいと言っても、家族が増えるのはやはり支出も増えます。

自分ではこれくらいの費用が負担できるのか?ちゃんと知って、こんなはずじゃなかった・・・ってことにならないようにしたいですよね。

では、どうぞ!

スポンサーリンク

最初の一年は何かと出費がかさみます

猫を迎えるにはベットや爪とぎを揃えたり、何かと出費がかさみます。

こちらは、猫を迎えるために購入したもののリストです。

キャリーケース            2,980円
トイレ屋根付き            4,320円
猫砂(トイレに流せるタイプ)6L X ① 498円
食器     100均にて購入 X ①  100円
首輪     100均にて購入 X ①  100円
爪研ぎ(サークルタイプ)X ①    1,780円
猫用ベット(寝床)          3,000円
子猫飼育用の本             980円
空気清浄機                             29,800円
合計                43,558円

ざっとここまでで、合計43,558円(税抜き)

子猫用のケージは友人より借りることが出来ました。

ケージは小さい物だと約6,000円

ですので、猫を始めて買う費用として準備に約50,000円は必要ですね。

猫用品の他に、健康診断やワクチンも必要です。

そのための費用や大きな出費のリストです。

・健康診断 5,000円

・ワクチン(3種混合)5,000円

・ノミダニ駆除薬 8,400円

・避妊手術 25,000円
(オスの去勢は約15,000円)

・キャットタワー 15,800円

【健康診断やワクチンについてはこちらにも!】

 こんにちは。 先日ニャンズを年に一度の健康診断のため獣医さんへ。 いつもの事ながら大変です。 普段と違う...
こんにちは。 猫様のワクチンちゃんと接種していますか? 保険も使えないので、値段も気になりますよね。 うちは室内飼...

月々の出費はいくら?

生活必需品を揃えたりやワクチン接種を済ませてしまえば、あとは毎日の食費トイレの砂代ですよね。

これらも、細かく計算してみました。

子猫用フード 2,240円(1,5キロ 1,600円の物を一日70gで計算)

トイレの砂  996円(6Lで498円のものを平均月に2袋使用)

合計 3,236円

おやつ代などを入れると、月に約4,000円必要です。

一般社団法人 ペットフード協会による平成28年度の全国犬猫飼育実態調査によると

キャットフード一ヶ月の平均支出は2,964円おやつは1,396円となっています。

一般社団法人 ペットフード協会より

ここまで、

子猫を迎える準備から一年間の費用トータルは148,800(約15万円)となります。

もちろん空気清浄機やキャットタワーは必需品ではありません。

また、フードのグレードによっても金額の差はあります。

2年目からの費用

さわらどん629

猫様と暮らす費用、2年目からは落ち着きます。

猫と暮らして2年目から必要になって来るのは年に一回の健康診断費ワクチン費ノミダニ駆除薬費食費トイレの砂の費用になります。

我が家の猫様のご飯とトイレの砂代は、ひと月で3,743円(年間44,916円)です。

内訳はこのようになっています。

毎月のフード代 計2,996円
トイレの砂 747円(ひと月約1袋半使用)

ひと月合計3,743円 (年間44,916円)

この金額にワクチン代やノミ取りのお薬代18,400円がプラスされます。

健康管理費用内訳
健康診断費 5,000円
3種混合ワクチン 5,000円

ノミダニ駆除薬(5~9月のみトータル)約8,400円

食費と基本的な病院の費用トータルで年間63,316円となります。

もちろん、おやつ代やおもちゃ代も合わせるともう少し高くはなりますね。

ちなみに、今人気のスティックタイプのおやつは4本入りで約250円です。

チャオチュール

スポンサーリンク

医療費がかかるようになるのは7歳から

猫は7歳くらいからシニア猫として部類されるようになります。

高齢になると免疫も落ちて病気にかかりやすくなり、獣医さんにかかる事も多くなります。

健康診断は半年に一度をオススメされます。

任意ですが検査項目も増えますので、健康診断費も若い頃よりは高額になります。

そして、ペット保険に入っていない場合、猫の医療費はかなり高額です。

日頃からコツコツと貯めておくか、ペット保険への加入を検討したいですね。

※健康診断、ワクチン費用はペット保険の適応外になります。

100均でもペットグッズは充実しています

可愛い愛猫さんには高品質のフードやおやつ、可愛い首輪なんかをしてあげたいものですよね。

その為にも、節約できるところは節約しておきたいですよね。

最近の100円ショップは本当に凄くて、ペットグッズも充実しています。

100円ショップで見つけたこんなもの使えます!

ペット用ブラシ

初めて買った高級ブラシよりこちらの方が気に入ってしまい、愛用しています。
100円とは思えないくらい長持ちしています。

また、子猫の時はこれでも大きいので使用済の歯ブラシでも十分代用できますよ。

ブラシ

計量スプーン

一杯分が20gの計量スプーン。

ドライフードをあげる時に便利ですよね。

猫スプーン

早食い防止食器

猫は早食いで嘔吐してしまう事もあります。

突起がある食器はちょっと食べにくく、早食い防止に効果があると言われています。

猫食器100円

こちらはプラスチック製なので、フードの臭いが食器に付いてしまう事もあるかもしれません。

陶器製で販売していただけると即買いしそうです。

その他、爪切りは人間用と共同使用しています。

100均ショップには意外にも使えるペット用品がたくさんです。時々はチェックしに行きたいですよね!

まとめ

選択

猫を迎えてからの一年間は、まとまったお金が必要です。

お迎えする準備に約50,000円、一年間の総費用は約15万円かかりました。

2年目以降の基本的な生活費(ご飯代、トイレの砂代、ワクチン等の費用)で年間で約65,000円。

しかし、突然の体調不良やおもちゃなどを購入すれば、もっと費用はかかります。

さらに高齢になれば医療費もかかってきます。

家猫の場合の平均寿命は15年と言われています。

猫と暮らすにはこれらの生活費を知って、さらに自分がこれから迎えるライフイベント、生活環境の変化をよく考えたいですね。

猫の命は一度引き受けたら、最後まで暮らすのは当たり前です。

途中で放棄はできません

その為にはまず、生活費の事をちゃんと知っておきたいですね。

猫との暮らしを始める不安の解消になれば幸いです。

こちらの記事も併せてどうぞ!

  こんにちは。猫のしもべ、ナミニです。 マンションで猫と暮らそうと思うと、トイレの場所に悩みますよね。 ・どこに置い...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする