猫の耳掃除の仕方どうやるの?沢山の写真で詳しく紹介!します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

白猫

こんにちは。

突然ですが、猫さんの耳の中チェックしていますか?

猫さんの体質にもよりますが、暖かい季節は猫の耳アカも出やすいと言われています。

今回は耳アカを見つけてしまった時の耳掃除の仕方です。

繊細で複雑な形の猫様の耳をお掃除するのは勇気のいるもの!

我が家のニャンズに協力してもらい、耳掃除の写真も沢山載せてみました。

猫様に耳あかを見つけてしまったら優しくお掃除してくださいね。

それではどうぞ!

スポンサーリンク

お家で出来る猫の耳掃除の仕方

早速、猫様の耳掃除の方法です。

いきなりの耳掃除はびっくりしてしまう猫さんもいらっしゃると思います。

猫さんが耳を触られるのを嫌がったりする場合は、まず何度も耳を触って慣れてもらって下さい。

その後に、耳をめくったり中を見せてもらえるよう、時間をかけて慣らしてくださいね。

猫様の耳掃除掃除の方法

用意するもの

コットン4・5枚

オリーブオイルまたは耳掃除専用オイル

1、コットンにオリーブオイルまたは、耳掃除用のオイルを500円硬貨の大きさくらいふくませます。

オリーブオイルとコットン

コットン500円

     

2、耳の中が見えるように耳を優しくめくる。

(耳の中が見えやすように猫さんの猫の後ろや横からホールドしてください。)

みみめくる2

     

3、コットンをひと差し指に乗せて耳の中に入れクルクルと優しく数回まわす。

(猫が動くと危険ですので優しく押えてください。)

ねこ耳グリグリ

     ↓

4、まだ耳アカが残っている場合。

猫の耳を少しぴっぱり、三角に折ったコットンにオイルを含ませます。

角で耳アカをすくい取るようにお掃除してください。

コットン三角

すくい上げる

片耳が終わったら違う方の耳も同じ方法でお掃除してあげてくださいね。

猫様の耳掃除のポイント!

猫様の耳はとても繊細です。

強くゴシゴシとこすらないでください。

耳の奥には入れないでください。

猫様の耳掃除の仕方のギモン

猫の耳の中ってすごく複雑な形をしていますよね。

耳掃除が初めての方は、複雑な猫様の耳の中を見てドキドキしてしまうのではないでしょうか?

わたしが初めて猫様の耳を掃除した時のギモンはコレでした。

1、コットンをどこまで入れて良いのか分からない?

猫様の耳の中は複雑です。あまり奥までコットンを入れてしまわずに、見える範囲を綺麗にしてあげてください。

2、綿棒は使ってはいけないの?

綿棒は細くて長いので、ついつい耳の奥までお手入れをしてしまいます。

猫様の耳の内部を傷つけてしまう場合があります、使わないようにしてください。

また、猫様が嫌がって急に動いた時も危険ですよね。

3、タオルでお掃除してもいいの?

タオルで猫様の耳の中を擦ると摩擦が強く、炎症を起こしてしまう可能性があります。

柔らかいコットンでお掃除してくださいね。

また、指を直接耳に入れたり、消毒用のアルコールを使ってのお掃除も摩擦や刺激で猫様の耳を傷つけてしまいます。

4、猫の耳は毎日掃除していいの?

猫さんの耳アカを見つけたら毎日してもいいのでしょうか?

人間の耳掃除と同じように癖になってしまいそうですよね。

しかし、やはり猫さんの耳は繊細です。

毎日の耳掃除は猫さんの耳の負担となってしまいますので、多くても週一くらいにしてあげてください。

耳アカの出やすい猫と出にくい猫がいる。

猫には耳アカが出やすい猫と出にくい猫がいます。

ペット専門雑誌が猫の飼い主さんに行った調査では、約半分の猫さんに耳アカがあるという結果が出ています。

耳アカは耳の中の皮脂腺からの分泌液に古い角質やほこりが混ざって出来ます。

なので、分泌物が多い体質の猫さんは耳あかも多くなってしまいます。

耳アカが出ていない猫さんに耳掃除は必要ありません。

耳アカが出やすい季節はあるの?

猫によって耳アカの出やすい猫さんと、出ない猫さんがいます。

では、耳アカが出やすい季節はあるのでしょうか?

猫の耳アカは、寒い時期より梅雨時や夏の方が出やすいと言われています。

気温や湿度が上がったら猫さんの耳の中もチェックするようにしたいですね。

耳アカの出やすい種類の猫さんは?

猫の種類によって耳アカが出やすいなどはありません。

しかし、垂れ耳やそり耳の猫さんは耳の中の通気性が悪く、耳あかがたまりやすいと言われています。

耳の中を清潔に保ってあげる事が大事です。

スコティッシュフォールドやアメリカンカールなど、耳の形に特徴のある猫さんは特に耳チェックの回数を増やしたいですね。

スポンサーリンク

耳アカと耳ダニの違いは?

ぎもん

愛猫さんの耳をチェックして耳アカを見つけてしまった時に、耳ダニ?を疑ってしまう事もありますよね?

わたしも初めて耳アカを見つけた時はダニを疑い焦ってしまいました。

猫は耳ダニが原因で、外耳炎という病気にかかってしまう事があります。

外耳炎の症状にはこのようなものがあります。

外耳炎の特徴はコレ!

●耳の中が炎症を起こして赤く腫れている。

●黒や黄緑色のアカが大量に出ている。

●耳をしきりに掻いている。

●耳から異臭がする。

●頭を振ったり気にしたりしている。

猫さんがこのようになった場合は耳アカでは無く、耳ダニが繁殖したりして外耳炎になっている可能性があります。

獣医さんへ相談してください。

猫のダニについてはこちらも参考にしてくださいね。

暖かい時期になると愛猫のノミやダニ!気になりますよね。 ”うちは完全室内飼いだから大丈夫だろ。”っと安心していませんか? ノ...

まとめ

たれ耳

猫には耳アカが出やすい猫と出にくい猫がいる。

耳アカの出ていない猫に耳掃除はしなくても良い。

耳に特徴のある種類の猫様は耳チェックを頻繁に行う。

猫の耳掃除の仕方のポイント

猫が耳を触られるのを嫌がる場合はまず、耳を触らせていただく事から。

猫の耳掃除はとにかく力を入れずに優しく行う。

奥まで掃除しようとしない。

綿棒や素手では行わない。

毎日行わない。

さらに

●耳の中が炎症を起こして赤く腫れている。

●黒や黄緑色のアカが大量に出ている。

●耳をしきりに掻いている。

●耳から異臭がする。

●頭を振ったり気にしたりしている。

などの症状がある場合は外耳炎の可能性もあります。

獣医さんへ相談してください。

猫さんの特徴の一つでもある大きな耳は危険を察知したり、微かな音を聞き取ったりするとても重要な器官です。

いつも健康な状態を保てるように、耳のチェックやお掃除をこまめにしてあげたいですよね。

こちらの記事も併せてどうぞ!

猫ってかわいいパーツが集まって出来た動物のようなものだと思いませんか? 目や肉球、脚や尻尾に髭袋!好きなパーツを言い出したらき...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする