猫用レボリューションの使い方と、獣医さんがオススメするワケ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ

こんにちは。

猫さんのノミやダニの対策どうされていますか?

私は月に1度、猫さんの首の後ろに滴下するお薬を使っています。

このようなお薬の代表的なものに、レボリューションフロントラインがありますよね。

我が家では、かかりつけの獣医さんがオススメしてくれたレボリューションを使用しています。

今回はレボリューションの使い方と、獣医さんがレボリューションをオススメする理由についてです。

では、どうぞ!

今回参考にしたもの:株式会社学研マーケティング うちの猫の健康をまもる本

スポンサーリンク

猫用レボリューションの使い方

猫用レボリューションの使い方は本当に簡単です。

パッケージはこんな感じです。(6個入り)

レボリューション箱

レボリューション中身

写真では3個しか写っていませんが(使ったので)6回分のお薬が入っています。

中に入っている銀色の包装を開けると、こんなスポット式のお薬が入っています。

高級なスキンケア美容液みたいですよね〜。

レボリューション本体

これを、猫様の首の後ろに月に1回度投与します。

まずはレボリューションの開け方

簡単に投与できるとは言ってもやはりお薬です。

使用方法はきちんと知っておきたいですよね。

写真入りで詳しくご説明しますね!

容器を取り出して猫に投与できるようにするまで

1、お薬を取り出したら、青いキャップを押してお薬の容器の先端に穴を開ける。

レボリューション説明1

2、次に青いキャップを外して、お薬の容器の先端に穴が空いている事を確認する。

レボリューション説明2

これで準備が出来ました。

次はレボリューション投与の方法

準備したお薬を猫様に投与する方法です。

①猫の首の後ろあたりの毛を皮膚が見えるくらいかき分ける。

レボリューション猫場所

②お薬容器の先端を皮膚にあてる。

③そのままお薬の容器を空になるまで2~3回押しつぶす。
(お薬が逆流しないように、容器は押しつぶした状態で猫さんから離してください。)

アートボード 1

④お薬の容器が空になっている事を確認する。

投与後に毛が濡れて固まることがあります。

もし、液だれをしても猫の口に入るようでなければ、拭き取りなどの必要はありません。

これで、レボリューションの投与は終了です。

※注意 猫様の口に入らないように投与する場所は、首の後ろの真ん中あたり(猫が舐められない場所)にしてください。

また、投与中に飼い主さんの手についてしまった時はすぐに洗い流してください。

慣れてしまえば、足で猫さんをホールドして1人で投与することも出来ますよ。

しかし、慣れない場合や猫さんが暴れる場合は、猫を抑える人と薬を投与する人に分かれて2人で投与するのが安全ですね。

レボリューションの箱の中にはシールも入っています。

カレンダーに貼っておけば投与した日も忘れずにすみますね。

シール

レボリューションとフロントラインプラスの違いは?

猫様のノミダニのお薬で代表的なものは、レボリューションとフロントラインプラスです。
この2つの違い?って何なんでしょうか?

レボリューションとフロントラインプラスの違い

 レボリューション   フロントラインプラス 
効果持続期間 1回につき1ヶ月 1回につきダニ駆除は3週間、ノミは1ヶ月
お風呂 使用後2日間は、水浴あるいはシャンプーを控えることが望ましい。 使用後2日間は、水浴あるいはシャンプーを控えることが望ましい。
 マダニへの効果 効果なし 効果あり
回虫駆除 効果あり 効果なし
フィラリア 効果あり 効果なし
ネット販売(価格) 手ショッピングサイトでの取り扱い無し。(やや高い・3回分・約5000円)
ペット医薬品専門店でのネット購入可能です。

大手ショッピングサイトでの取り扱いあり。

(安い・3回分・約3000円ネット販売価格)

(2017年8月時点)

レボリューションを購入する場合は、大手ショッピングサイトの取り扱いがありません。

そのため、翌日配達などのサービスがない場合が多く、発注してから数日かかる場合もあります。

ネットで購入する場合はまとめ買いや、早めの注文が必要ですね。

レボリューションで駆除できる猫の回虫(猫回虫)とは

レボリューションで駆除できる内部寄生虫の猫回虫とは、どのような回虫なのでしょうか?

猫回虫とは

猫回虫 とは、世界中に分布するネコおよびネコ科動物を宿主とするもっとも一般的な回虫。成虫は宿主の消化管に寄生する。成猫では通常は無症状であるが、幼猫への大量感染では致死的となり得る。Wikipediaより

猫回虫とは猫がおなかの虫に感染する病気です。

幼虫は猫の全身の組織に、成虫になると猫の消化管(小腸)などに寄生します。

猫回虫の症状

仔猫=栄養不良による発育不良、下痢、軟便 など。

成猫=下痢、毛艶がなくなる、腹部が腫れる、食べても痩せる など。

無症状の場合も多いですが、免疫力が弱いと重症化する場合もあります。

猫回虫の原因

猫回虫の主な感染の原因は

●回虫に寄生されている鳥やネズミを食べる。

●水たまりや地面に落ちている猫回虫のたまごが口から入る。

などの口からの感染が主な理由です。

他にも、仔猫の場合は、母猫の母乳からの感染もあります。

ちなみに我が家の猫も(仔猫時代)初めてレボリューションを投与した数時間後に
お尻から白っぽく糸のような虫が出てきました!

あの時、駆除できていなかったら…と考えると、ちょっと怖いですね。

スポンサーリンク

レボリューションで予防できる猫のフィラリア症とは

回虫

フィラリアは蚊から感染する病気です。

犬の病気と思われがちなフィラリア症ですが、実は猫もかかる病気なんです。
しかも、猫の方が診断が難しいと言われています。

フィラリア症 犬糸状虫
犬糸状虫(いぬしじょうちゅう、学名:Dirofilaria immitis)はフィラリアの一種で、蚊の吸血によって媒介され犬を終宿主とする寄生性線虫。イヌのみならず、ネコ、イタチ、アシカ、また稀にはヒトにも感染し、犬糸状虫症を引き起こす。

Wikipediaより

また、薬品メーカーのゾエティスが行なった調査では、2008年以降に27都道府県で51件の感染が認められています。

さらに、恐ろしいことに完全室内飼いの猫でも感染していたケースもあると報告されています。

フィラリアの感染経路

蚊がフィラリアに感染した犬から血を吸い、フィラリアの幼虫を体内に取り込む。

   ↓

蚊の体内のフィラリアの幼虫が感染できるようになる。

   ↓

感染できるフィラリアを体内に持った蚊が猫の血を吸い、その時にフィラリアの幼虫が猫の体内に侵入する。

猫の体内はフィラリアの幼虫が好む環境ではなく、フィラリアの幼虫は数匹しか成虫になれません。

このため、診断が難しいと言われています。

また、フィラリアは血管の中を移動します。

しかし、猫の血管は細いため、幼虫や成虫が詰まってしまうと、猫の突然死につながることもあります。

この場合、原因不明の突然死と診断されてしまうこともあります。

フィラリアの症状

こわい猫様のフィラリアの症状には、どのようなものがあるのでしょうか?

フィラリアの主な症状
咳、苦しそうな呼吸、元気消失、食欲減退、吐き気などがあります。

フィラリアの予防期間とレボリューションの費用

フィラリアは蚊によって感染する病気です。

このため蚊が多くなる5月から10月頃までの予防が必要と言われています。
(地域によって変わります。)

5月から10月の6回の投与でかかる費用は、一匹あたり約1万円となかなか高額ですよね。
(レボリューション3回分5,000円で計算)

ペットの薬専門のショップサイトでは、比較的お安く購入が可能ですよ。

こちらでも取り扱いあります。
  ↓

ペットくすり

レボリューションの副作用は?

便利なお薬、レボリューションですが、やはり副作用も報告されています。

動物病院でも扱いがあり、安全は考えらえていますが、副作用の出る猫さんもいるようです。
(我が家は大丈夫です。)

下痢や、嘔吐、元気がなくなる、などの副作用の出る猫さんもいます。

レボリューションを投与した後はしばらく様子を見たいですね。

また、投与する時間を動物病院の開いている日にする。午前中にする。

など、工夫してもしもの時に、すぐに獣医さんに診てもらえるようにしたいですね。

そして、レボリューションを今まで使用したことがない方は、必ず獣医さんに相談をしてから
投与するようにしたいですね。

まとめ

まとめ

猫様をノミやダニや病気から守るのも飼い主さんの役目です。

レボリューションは月に一回の投与で、
猫の外部の寄生虫(ノミやダニ)、内部の寄生虫(回虫やフィラリア)から猫様を守ってくれる大変便利なお薬です。

簡単に投与できて、投与後2時間経てばお風呂に入れることも可能です。

しかし現在は、大手ショッピングサイトでの販売は無く、値段も高価です。

ペット薬の専門店の通販では比較的安く購入することは可能です。

しかし、副作用の出る猫さんもいます。

初めて使用する場合は必ず獣医さんに相談し、投与するようにしてください。

【心配な猫のノミやダニについては、こちらの記事も参考にしてください!】

猫のダニは人間にもうつるよ!症状から治療、予防方法まで!!

家猫でもノミはつく!なぜ?駆除、予防方法。これで愛猫を守る

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする