猫のしつけは怒り方にもコツがある!信頼関係を壊さず暮らすには。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ねこ

こんにちは。

愛猫さんのしつけどうしてますか?

いくらかわいくて仕方が無くても、やはりお家でして欲しく無いことはありますよね。

家具への爪とぎ噛む引っ掻く行為、食卓に上がるなどなど。

ちゃんと覚えて頂くために、時には心を鬼にして怒るのも大事です。

今回は猫との信頼関係を壊さないしつけ、怒り方です。

お互い気持ちよく生活が出来るように、猫様を怒る時のコツ知っておきましょう!

では!!

スポンサーリンク

猫のしつけ、関係を崩さない怒り方

猫を怒る時に気にしてしまう事ありますよね。

猫に嫌らわれたらどうしよう。もう膝に乗ってきてくれないかも??
一緒に寝てくれなくなったら寂しい!

など、猫との信頼関係が壊れてしまう事ではないでしょうか?

猫のしつけの怒り方は、飼い主さんとの信頼関係を壊さないためにもコツがありますよ。

猫との信頼関係を壊さない怒り方

①して欲しくないことをする直前か最中、遅くても3秒以内に怒る。
時間が経ってしまえば、猫は何のことで起こられているのか分かりません。

②怒っているのが飼い主さんだとバレないように気をつける。
引っかかれたり噛まれたりして怒る以外は、なるべく偶然悪いことが起きたようなシュチエーションを作って下さい。
※下の事例で詳しく説明しています。

③何度も根気よく繰り返す。
猫様は一度では覚えてくれません。根気よく付き合いたいですよね。

④手短に怒る。
誰だってグダグダをいつまでもお説教されるのは好きではありません。

これらに気を付けて下さいね。

猫のしつけ、怒り方。こんな時はこうやって怒ろう

ピアノ

お家で思わず猫様を怒ってしまうのは、こんな時ではないでしょうか?

●猫が行って欲しくない場所にいる時

●引っ掻いたり、噛み付いたりした時

●家具や壁で爪とぎをしている時

●おやつをしつこくおねだりされる時

どれも困りますよね。

では、このような場合に我が家で効果のあった怒り方を、説明したいと思います。

ねこが行って欲しく無い場所にいる時

飼い主さんが行ってほしくない所に猫が居るのを見つけた時は、大きな音で猫を驚かす事が有効です。

「ここに居ると嫌な事が起きる」と猫様に覚えてもらいましょう。

少し離れた猫に見えない場所から手を叩くなど、大きな音を出して下さい。

我が家で猫様に行って欲しくない場所は、

食べ物が置いてあるテーブルの上、
台所流しの生ゴミが入った三角コーナー、
相方の商売道具のカメラ機材が入ったカメラバックの上などです。

そこに猫が居るのを見付けると、猫に見えない場所から手を叩いて音を出したり、お鍋の蓋をお玉で叩くというちょっと古い方法で音を出しています。

まだ、たまに魚の匂いがすると食卓にあがろうとしますが、回数は減っています。

●引っ掻いたり、噛み付いたりしてくる時

じゃれている時に噛み付いてきた場合は、いつもの声より低い声や大きな声で「こらっ!」「痛い!」など短い単語を叫んでください。

また、指を噛まれた場合は噛まれた指をそっと猫の口の奥に入れます。

これらの方法で猫を驚かせて、してはいけないことだと教えます。

我が家の猫は昔、噛み癖がありました。

しかし、指を突っ込んで驚かすという方法を繰り返して改善されましたよ。

●家具で爪とぎをしている時

家具や壁で爪とぎをしているのを見つけたら、これも大きな音を出して猫を驚かせます。
(手を叩く、低く大きな声で「こらっ!」など)

また、家具や壁で爪を研ごうとしている仕草を見つけた時も同じように怒ります。

●おやつをしつこくおねだりされる時

おやつも十分、遊ぶ時間も作っているのに、猫様がそれでもしつこくおねだりする時ありますよね。

そんな時は、思い切って聞こえないようなふりをして、構わないことも大切です。

猫様に”あきらめること”を覚えて頂くようにしたいですね。
特に、大声で鳴いたり、噛んだりして要求を通す猫さんには実行したいですね。

我が家もたまにほっておくようにしています。

しばらくすると諦めて、自分のお気に入りの場所で寝ています。

もちろん、起きてきた猫様に嫌われているような事はありません。

自由気ままな所も猫の魅力の一つですよね。

しかし、行って欲しくない場所や、してほしくない事を沢山作ってしまえば猫にとって窮屈な生活になってしまいます。

最低限の生活ルールを作り猫に危険が伴う場合は、しつけの為に怒るようにしたいですね。

スポンサーリンク

気を付けたい!猫にこんな怒り方は信頼関係を悪くする

怒る

猫との信頼関係をキープする怒り方があれば、悪くする怒り方もあります。

猫との信頼関係を悪くする怒り方はこの5つです。

ちょっと、日頃の怒り方を思い出してみてくださいね。

①名前を呼んで怒る。

「◯◯ちゃんダメ!」「こらっ!!◯◯ちゃん!」こんな怒り方していませんか?

怒る時にいつも名前を呼んでしまうと、普段名前を呼ばれた時も”起こられる”と思うようになってしまいます。

②猫の体を叩く。

猫をしつけのために叩くことで、猫は攻撃されたと思ってしまいます。

飼い主さんを怖がって噛むようになってしまうことも!

③猫の前に手の平を出して止めようとする。

人間の大きな手の平で猫を怒れば、”手=怖いもの”と認識するようになります。

飼い主さんの手で触られるのを嫌いになってしまうかもしれません。

④猫の体を押さえつける。

猫は拘束されるのが好きではありません。

飼い主さんに強い力で拘束されれば、恐怖を感じてしまいます。

⑤猫をしつこく追いかけまわす。

こちらは怒って追いかけているつもりでも、猫は遊んでもらっていると認識してしまうことも。

勘違いにより、してほしくない行動がエスカレートするかもしれません。

いかがでしょうか?

猫様って嫌な経験は、結構覚えているものです。

今後のためにも、心当たりがあれば直していきたいですね。

怒る前に、その行為をさせない工夫も忘れずに。

猫様も飼い主さんも怒られたり、怒ったりは気分の良いものではありませんよね。

そのためには、猫様が困った事をしないように、飼い主さんが工夫をしてあげるのも大切です。

●家具や壁で爪をとぐなら → 爪とぎの数を増やす。

●収納を勝手に開けるなら → ストッパーを付ける。

●生ゴミを食べようとするなら → ゴミをこまめに片付ける。

棚の上の物を落とす → 棚の上には物を置かない。落とされて危険なものは置かない。

など、工夫することで怒る回数も少なくなるはずです。

怒る回数が少なくなれば、お互いもっとおだやかに暮らせますね。

猫の爪とぎについてはこちらも参考にしてください。

こんにちは。 猫さんの爪とぎ、壁や家具がボロボロになってしまって困りますよね。 我が家のニャンズは飼い主が帰宅すると、玄関で...

まとめ

まとめ

猫様とお互いが心地よく暮らす為には、きちんと怒る事も大事です。

猫様との信頼関係を崩さない怒り方は

すぐに(3秒以内)に怒る。

飼い主さんから怒られたとバレないように気をつける。

何度も根気よくしつけて覚えてもらう。

怒る時は手短にする。

です。

また、

猫の名前を呼んで怒る。

猫を叩く。

猫を拘束する。

猫を追いかけまわす。

猫に手の平を見せて止める。

などの怒り方は、猫様との信頼関係を崩してしまいます。

気を付けたいですね。

猫は本来気ままで自由な生き物です。
そして、それが魅力の一つでもあります。

一緒に暮らすために、飼い主さんがルールを沢山作ってしまえば猫も窮屈です。
また、飼い主さんも怒り疲れてしまいます。

猫様の事を考え、ルールは最低限にしたいですね。

そして、どうしても守って欲しいルールを理解できていない時に、しつけとして、正しく怒るようにしたいですね。

こちらの記事も参考にしてください。

猫と遊ぶ時間って至福のひとときですよね。 うちは2匹のニャンズがいるので、一旦遊び始めると順番待ち状態になります。 2歳...
猫を飼いたくて知識も入れたし、トイレやご飯の準備も終了! お家に念願の子猫がやって来る緊張! そしてやって来た日の嬉しさ...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする