猫、茶トラ白ってどんなの?茶トラとの違いは?飼い主がご説明




TOP

 

こんにちは。

茶白猫に振り回されているnaminiです。

 

白、黒、三毛、ハチワレ・・・

猫って色々な毛柄のパターンがありますよね〜。

 

毛柄によって性格も違ってくると言われています。

 

今回はファンも多く、テレビCMなどでもよく見かける茶トラ白(茶白)猫についてです。

 

我が家にも1人?(1匹)茶トラ白(茶白)猫がマイペースで暮らしております。

 

 

茶トラ猫や茶トラ白(茶白)猫の性格や特徴について、一緒に暮らしながら分かったことをご紹介します。

 

 

茶トラ白(茶白)猫さんとお暮らしの方も、これから暮らそうと考えている方も、参考にしていただければ幸いです。

 

 

それでは、どうぞ!

 

今回参考にしたもの:ベネッセ 毛柄がいっぱい ねこのきもち

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

茶トラ白(茶白)ってどんな猫?まずは外見から知っておこう。

 

茶トラと茶トラ白、ってどう違うのでしょうか?

まずは見た目の違いを確認しましょう。

 

茶トラ猫はこんな猫

 

茶トラとはオレンジ色に濃いオレンジ色のしましま模様の猫です。

 

アメリカでは見た目から「ジンジャー(生姜)」とも呼ばれています。

 

トラ柄を表す ”マッカレルタビー” に見た目の赤色の意味を加えて「レッド・マッカレルタビー」と言われることも。

 

うんうん、確かに生姜色にも見えます。

 

 

気になる鼻や肉球の色ですが、ほとんどの茶トラさんは、ピンクや茶色かかったピンク色です。

 

茶トラ

 

茶トラ白猫はこんな猫

 

茶トラ白(茶白)猫さんとは、茶トラ猫さんの

鼻筋、

顔の下半分、

お腹

などが白くなった猫さんの事を言います。

 

 

茶トラ白猫さんの肉球や鼻の色も茶トラさん同様に、ピンクか茶色になることが多いです。

 

ちなみに我が家の茶トラ白猫の鼻は茶色、肉球はピンクに薄茶色のブチが入っています。

 

 

また、茶トラ白(茶白)よりも白い毛の割合が多くなり、体のほとんどが白色になると白茶トラ(白茶)と呼ばれます。

 

さわらどん

 

 

茶トラ系や茶トラ白の猫が大きくなると言われるワケ

 

茶トラ白の猫を引き取った時に、多くの人から「茶トラ系の猫は大きくなるよ~。」とか「よく食べるよ!大きくなるよ!!」と言われました。

 

こんな噂、聞いたことありませんか?

 

しかしこのような発言にも理由があったんです。

 

 

茶トラや茶トラ白猫が大きくなるといわれるのは、遺伝子のせいだった

キジトラ

 

飼い猫の祖先であるリビアヤマネコの毛柄は、茶色い毛に黒いしま模様が入っています。

 

それとよく似た毛柄のキジトラ柄の猫が、猫の毛柄の基本と言われています。

 

 

基本のキジトラ柄に、オレンジ色の毛を作る遺伝子が働くと茶トラとなります。

 

オレンジ色の毛を作る遺伝子が働くと、メスは茶トラ、三毛、サビ柄も生まれます。

 

 

しかし、オスは茶トラしか生まれません。

そのため、茶トラはオスが多くなります。

 

茶トラ猫や茶トラ白猫の8割がオス! と言われています。

 

こうなると、茶トラ猫や茶トラ白猫のメスよりオスを見かける回数が多くなりますよね。

 

 

そして、猫もやはりメスよりはオスの方が体が大きくなります。

 

日頃茶トラのオスを見かける割合が多いので、茶トラや茶トラ白系の猫=大きい猫と言う印象が持たれるようになったと言われています。

 

 

ちなみに、我が家に2匹いるうちの1匹は茶トラ白のメス。

しかし、体の大きさはサバトラ白の方が(こちらもメスです。)大きいですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

茶トラ白猫の性格は?飼いやすい?どんな飼い主さんに向いているの?

性格

 

一緒に暮らしていて分かった茶トラ白(茶白)の性格はズバリ!

天真爛漫!この一言です。

 

天真爛漫とは

純真で心の中が素直に表れていること。無邪気でこだわることがないこと。また、そのさま。 「 -な子供たち」 「 -に振る舞う」

大辞林 第三版より

 

我が家の茶トラ白猫さんもまさに天真爛漫な愛されキャラです。

 

その理由を、日頃の生活を振り返って3つ書き出してみました。

 

①茶トラ白(茶白)猫はものすごく甘え上手

茶トラ白猫さんは、飼い主さんが大好きで、スキンシップも大好き。

 

飼い主の膝に乗るのも大好き!

暑い夏以外は飼い主が座れば、必ず膝の上に乗って来ます。

 

おかえりのお出迎えもちゃんと出来て、歓迎の爪とぎも完璧。

 

どんな時でも自分が甘えたければ、近くに来て ”撫でろ” とストレートに要求してきます。

甘えたい時は、こちらをじーっと無言で見つめているサバトラとは大違いです。

 

他には、寝る時も必ず飼い主の足を枕にして眠ります。

 

飼い主の喜ぶツボを心得ております。愛されキャラ確立しています。

 

 

②茶トラ白(茶白)猫は人懐こくて、世渡り上手

 

茶トラ白猫は、来客に慣れるのも時間がかかりません。

最初は来客を遠目から見ているだけでも、30分くらいすれば平気で寄って行きます。

 

慣れてしまえばゴロンとお腹を見せて、喉をゴロゴロ鳴らします。

撫でられるのも好き。

 

来客が苦手で警戒して、他の部屋へ逃げてしまうサバトラとは大違いです。

 

当然、来客さんにも好かれます。次の時はちゃっかりお土産もらったりしています。

 

世渡り上手です。

 

 

③茶トラ白(茶白)猫はおおらか、警戒心が弱い、物事にあまり動じない。

 

警戒心が弱く、おおらかなのも茶トラ白猫さんの特徴です。

 

宅急便のピンポンにも動じることはありません。

姿勢を低くして奥の部屋へ逃げてゆくサバトラとは大違いです。

 

 

音を立てて近づいてくるルンバも気にせずに、グルーミングを続けます。

 

来客さんにも慣れてしまえば、同じ部屋で眠ってしまうこともあります。

 

毎年近くで開催される花火大会の大きな音にも、余裕です。

 

このように、茶トラ白猫さんはマイペースで落ち着いています。

 

 

 

TVなどで見かける猫さんに茶トラ白の猫さんが多いのも納得ですね。

 

警戒心が強すぎては知らない人が大勢いる中で、演技なんて出来ませんよね。

 

Y!mobileのフテにゃんさんも茶トラ白猫さんですね。

 

 

茶トラ白(茶白猫)さんに向いているのはこんな飼い主さん

 

好き好きアピールがストレート、スキンシップも大好きな茶トラ白猫さんには、こんな飼い主さんが向いています。

 

 

茶トラ白猫さんにぴったりの飼い主さんはこんな人

・猫とのスキンシップが大好き!

・とにかく猫が好きで、時間があればいつも一緒に居たい。

・お家に来客が多い。

 

 

猫だったら何時間でも膝に乗せて一緒にくつろげる。という方とは名コンビになれますね。

 

また、茶トラ系の猫は食べるのが大好き!で良く食べます。

自分のお気に入りのご飯は他の猫の分も食べようとします。

 

そのため肥満になりやすいです。

食事などの健康管理にもしっかりと気を配りたいですね。

 

 

まとめ

まとめ

 

人懐こく甘え上手、愛されキャラの茶トラや茶トラ白猫さん。

 

 

その性格の為か、猫の譲渡会でもすぐに引取り手が決まるくらい人気の猫です。

 

メスよりもオスが生まれる確率が高く、約8割はオス猫。

 

そのため、大きく育つという印象を持たれています。

(我が家の茶トラ白猫さんは、特別大きくはありません。)

 

性格は天真爛漫という言葉がぴったり!

 

飼い主さんとのスキンシップも大好きです。

 

そのため、猫とのスキンシップが大好き!

いつでも猫と一緒にいたい!

という方のパートナーにはぴったりです。

 

また警戒心も弱く、突然の物事にもあまり動じません。

来客が多いお宅でも、強いストレスになることはあまりまりません。

 

 

これから猫との暮らしを考えている方は、里親募集のサイトなどで見かけたら会いに行かれてはいかがでしょうか?

 

また現在、茶トラや茶トラ白猫さんとお暮らしの方は、これからもその魅力に振り回されましょう。

 

こちらの記事もオススメです。

猫、キジトラ白ってどんな猫?サバトラとの違いは?飼い主が語ります

猫の柄で性格に違いはあるの?特徴や気を付けたいことは?

猫の柄、サビってどんなの?外見からは想像できない意外な性格とは。

猫のアゴの下の黒いつぶつぶや汚れ!自宅でケアして綺麗にしよう

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)