猫の食器の高さこだわってます?健康管理にもなる食器の高さの秘密!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食器

ショッピングセンターで買い物ついでに100均へ行ったらかわいいお皿が売っていました。もちろん税込み108円。

浅めで内側はクリーム色、外側は赤色、型もオシャレでうちのニャンズにぴったり!

そうやって買った器は今では5・6個あります。

最近ニャン友がSNSにが投稿しました。

”ネットでよく見る脚付きの猫のフードボウル、買ってあげたら

ご飯を良く食べるようになりましたーー”

あれ、買った方がいいのかな??って思っていろいろと調べましたよっ。

スポンサーリンク

ねこの食器どうしてますか?

使わなくなったお皿を猫用にしている、

わたしみたいに100均でかわいいのを見つけて来たとか猫の食器事情はご家庭によって様々だと思います。

子供の頃飼っていた猫には床に新聞紙を何枚か敷いてそこににぼしとか魚の骨とかを置いてあげてましたよ。

食べ終わったら新聞紙を丸めて捨てればいいだけだし、

食べ残しがあったとしても一緒に捨てる事ができて楽チンですもんね。

時は流れ、現在ペットショップやネットで見かけませんか?

お値段1,000円くらいのちょっと高さのある猫用フードボール!

自分が使ってる食器だって100均なのになんで猫用の食器が10倍?なんて思いますよね。

しかし、あのフードボウルにもちゃんと理由があったんですよね。

猫の食器を高くする理由

食べる猫

食べる姿勢が原因で吐く事もある。

猫が餌を食べている時の様子を思い浮かべてみてください。

床に直接お皿などを置いてある場合体を折り曲げるように頭と喉が下向きになった状態で食べていてちょっと窮屈そうにも見えますよね。

実は猫の食道は人に比べるとまっすぐになっていて

フードが低い位置にあると食道が曲がってしまい

餌が逆流してしまう事があります。

やっぱりちょっとねこさんの負担になっていたのですね。

そしてシニア猫になるとかがんで食べる姿勢自体が低下した筋力や関節に負担となってしまいます。

このような負担を少しでも減らすため最近は高さのあるフードボウルを使用するねこさんも増えているようです。

スポンサーリンク


食べやすい高さは?何センチ??

いったいどのくらいの高さが猫にとって食べやすいのでしょうか?

うちのニャンズに聞いても答えてはくれません。

そこで、実際に販売されている脚付きフードボウルの高さや猫のご飯台の高さを調べてみました。

脚付きフードボウルは 高さ 7.5センチ

猫のご飯台は約5センチ~8センチのものが主流でした。

お家でねこの食器の下に何かを置いてご飯台にする場合の目安にもなりますね。

うちは数年前のお正月に購入したおせちの重箱(多分紙製)が、すごく立派でいまでは猫様のお食事台として使用させていただいております。

その箱の高さが6.5センチ!

ちゃんとねこが食べやすい高さになってました。ホッ。

高さの他に気をつける事は??

ねこの器

猫様にがっっりご飯を食べていただくのにちょうど良い高さは5~8センチ、ではほかに気にかけるポイントはないのでしょうか?

やっぱり素材ですよね。

ペットフードは油分を含んでいるものが多いため、

臭いのつきにくく洗いやすい物が良いと言われています。

そこでペットの食器の素材を比べてみました。

プラスチック

メリット :100均などでも売られているように安い。 軽くて、落としても割れない。

デメリット:傷がつきやすいので菌が繁殖しやすい。 臭いが付きやすい。軽いのでねこが
      ひっくり返すことがある。 劣化により割れたり、長持ちしにくい。

ステンレス

メリット :汚れも取れやすく、傷もつきにくい。長持ちする。丈夫。
デメリット:プラスチックに比べて少し高価。 金属の臭いが気になるねこもいる。

陶器

メリット :汚れが落ちやすく、傷もつきにくい。 長持ちする。ある程度の重さがあるので安定がある。臭いがつきにくい。
デメリット:割れる、壊れやすい。

それぞれの長所・短所はありますが、

やはり一番大事なのは清潔にしておく事ですね。

うちでは脚付きのフードボウルを使っていません。

しかし、さきほどの高さが6センチある箱の上に100均で気に入った陶器の器(浅めで幅が広いもの)数個をローテーションで使用しています。

まとめ

家

ねこの食器(高さの無い物)は直接床に置かない。

5~8センチの高さでねこが食事出来るように工夫する。

猫専用の高さのあるフードボウルやご飯台もネットやペットショップで購入可能。

猫の食器はいつも清潔を心がける。

では、皆様の愛猫さんが今日も美味しいご飯をたべられますように!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする