猫の湯たんぽをペットボトルで。温度や置き方に注意して快適に!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク広告




トップ

こんにちは。

寒い時期の猫様のお留守番、暖房はどうされてますか?

冬場は光熱費もかさみます。

なるべくお財布にも優しい方法で、猫様にもぬくぬくしてもらいたいものです。

我が家は去年から、ペットボトルで作った湯たんぽを活用しています。

湯たんぽのじんわりとした暖かさは、我が家のニャンズにも好評ですよ。

今回は身近にある3つのもので簡単に作れるペットボトル湯たんぽの作り方。

そして、使用するときの注意点です。

では、どうぞ!

【猫様に安全な暖房器具についてはこちらの記事でもご紹介しています】

こんにちは。 猫さんの冬の夜間や留守中の暖房どうされてますか? エアコンはコストがかかるし、ストーブを付けっ放しにして出かけ...

今回参考にした資料:
あいち産業科学技術総合センター食品工業技術センター /ペットボトル容器の特徴と種類について

スポンサーリンク

猫様用ペットボトル湯たんぽに必要なもの

猫様もぬくぬく!湯たんぽ作成に必要なものは3つです。

用意するもの

●ペットボトル(キャップがオレンジ色のもの、飲み口が白色のもの)

●分厚い靴下(猫様が好きそうなモコモコ素材のもの)

●お湯(50℃~60℃のもの)

どれも、簡単に手に入るものです。

しかし、猫様に安全、快適に使ってもらうためにも大切な材料の選び方を詳しく説明していきますね。

ペットボトルの選び方

猫様用ペットボトル湯たんぽを作る時に、一番大事なのがペットボトルの選び方です。

ペットボトルを選ぶ時は必ず耐熱のものを選ぶようにしてください。

耐熱用とは冬場にコンビニで見かける、暖かいお茶などが入ったペットボトルです。

また、飲み口が透明ではなく白色のペットボトルも耐熱仕様です。

耐熱用ペットボトルの特徴

キャップがオレンジ色(暖かいお茶など)

飲み口部分が白色(暖かい紅茶など)

ペットボトル耐熱2種

注意!猫様の湯たんぽに向いていないペットボトルはこんなもの

●簡単に潰せる薄いもの

女性でも簡単に潰せるような薄いペットボトル(海外製のミネラルウォーターに多い)

●炭酸用のもの

炭酸用(コカコーラや炭酸水)のペットボトルは硬くて丈夫そうですよね。

しかし、飲み口が白色でないものは耐熱ではありません。
また、お醤油や料理酒のペットボトルも使用しないようにしてください。

分厚い(もふもふした)靴下

冬場に100均で良く見かける暖かいモコモコの靴下、何足かお持ちですよね。

実はアレ!ペットボトルを入れるのに丁度良いサイズなんです。

最近は色や柄も豊富で、かわいいものも沢山見かけます。

猫様にぴったりのものを選びたいですね。

靴下

ペットボトルを毛布で包むだけではいけないの?

毛布で包んだだけでは、猫様が触ったり、遊んだりするうちに毛布が外れてしまう場合があります。

必ず袋状になったもので、2重に包むようにしてください。

50〜60℃のお湯

3つ目に必要なのは50℃〜60℃のお湯です。

ちなみに、コンビニなどでよく見かける暖かいお茶(小さいもの)の容量は280mlです。

作る湯たんぽの数にあわせてお湯を用意してくださいね。

我が家では、ペットボトルは500mlを1本、280mlを2本使います。

なので、お湯は約1リットル必要になります。

注意!耐熱用のペットボトル(キャップがオレンジのもの)の耐熱温度は85℃程度です。

熱湯は入れないでください。

また、耐熱用のペットボトルは電子レンジで温めることは出来ません。

60℃のお湯の作り方

60度

50℃〜60℃のお湯を温度計を使って作るのは、ちょっと面倒くさいですよね。

温度計を使わずに適温のお湯を作る方法を3つご紹介します。

①家庭の給湯器で温度設定を60℃にする。

②沸騰したお湯(100℃)に同量の水道水を混ぜる。

200mlのお湯を沸かした場合は、200mlの水道水を混ぜることで約60℃になります。

③お湯を沸かしはじめて、底から小さい泡が立ち始める頃に火をとめる。

底から小さい泡が立ち始めるのが約60℃、泡が増えてくると70℃。

と言われています。

これらが用意できたら早速作って行きましょう!

猫用ペットボトル湯たんぽの作り方

猫用ペットボトル湯たんぽは簡単にできます。

朝に作っておけば、日中のお留守番はぬくぬくで過ごしていただくことができますよ。

手順はこのようになります。

①60度にしたお湯をペットボトルの8分目くらいまでいれます。

②ペットボトルの蓋をしっかり締めて、靴下の中に入れる。

③靴下の履き口をしっかり結ぶ。

④靴下をもう一枚かぶせる。

(猫が好きなモコモコ素材を選ぶと、気に入ってくれそうですね。)

出来上がった湯たんぽは猫様のお気に入りの場所や寝床に置いてくださいね。

作り方

スポンサーリンク

猫様用のペットボトル湯たんぽ、置き場所は?

じんわり暖かペットボトル湯たんぽは、猫様の寝床やお気に入りの場所に置いてください。

寝床やベットにおく場合のコツ

●入口や真ん中に置かずに、猫様の睡眠の邪魔にならないよう、隅の方へ置いてくださいね。

●寝床やベットに湯たんぽを何個も置かずに1つだけ置く。

熱くなった時に猫様が湯たんぽを避ける事が出来るようにしてください。

キャットタワー湯たんぽ

猫用のペットボトル湯たんぽを使用する時の注意点

猫様が使うペットボトル湯たんぽです。

注意点を確認して、猫様に気持ちよく使っていただくようにしてください。

ペットボトルが劣化してきたらすぐに交換する。

使用しているうちにペットボトルが変形やへこみ蓋にヒビが入ったりした場合は、
すぐに新しいものに交換してください。

●低温火傷に注意する。

ペットボトル湯たんぽの長時間使用では、低温やけどに注意してください。

猫は44℃のものに3~4時間触れると、低温やけどを起こすと言われています。

低温火傷は瞬間的に熱いと感じません。

そのため、じわじわと猫様の皮膚の内部まで進行してしまいます。

重症化しやすく、治りにくいと言われていますよ。

怖いですよね!

猫様を低温火傷から守るためにも、お湯の温度やペットボトルを2重に包む事は必ず守ってください。

また、ペットボトル湯たんぽの表面温度も熱すぎないか、出かける前には必ず確認するようにしたいですね。

猫の低温やけどの症状

患部を気にする仕草をする。

火傷した部分を触ると嫌がる。

毛が焦げたような匂いがする。

皮膚に赤みがある。

猫が低温やけどしてしまった時は、人間のやけどと同じように患部を氷水で冷やしてください。

そして、獣医さんへ連れて行ってくださいね。

まとめ

湯たんぽ

寒い時期のお留守番を猫様にお願いするには、光熱費のかからないエコな湯たんぽが便利です。

ペットボトルで作る湯たんぽは、日常で使用しているもので簡単に作ることが出来ます。

猫様のペットボトル湯たんぽに必要な材料は

●耐熱性のペットボトル(キャップがオレンジ、飲み口が白いもの)

●厚めの靴下(柔らかいモコモコしたものがオススメ)

●50℃〜60℃のお湯(熱湯はNG,60度くらいのもの)

です。

出来たペットボトル湯たんぽは、猫様のお気に入りの場所や寝床、ベットの隅に1つ置いてください。

ペットボトル湯たんぽ使用の注意点

ペットボトル湯たんぽを使用する時は、猫様の低温火傷に気をつけるためにも、

耐熱性のペットボトルが変形や劣化してきたらすぐに交換する。

ペットボトルは毛布だけで包まずに必ず袋状のもので包む。

2重に包む。

ようにしてください。

万が一猫様に低温火傷の症状が現れた場合は、患部を冷やして、獣医さんへ行くようにしてください。

猫は寒いのが苦手です。

寒い時期に、家で快適にお留守番をしていただくためには、猫様に快適な環境を用意したいですよね。

そのためにも、光熱費のかからない湯たんぽは猫様にもお財布にも暖かいです。

ペットボトル湯たんぽは、身近にある、3つの材料で簡単に作ることが出来ます。

ぜひ、一度お試しくださいね。

【こちらの記事もオススメです。】

こんにちは。 猫さんの寒さ対策バッチリしてあげたいですよね。 しかし、せっかく冬用の暖かそうなベットを買ってあげても、気...
こんにちは! 猫と暮らしていると冬場の暖房の事悩みませんか? 1日中つけっぱなしにするわけにもいかないし・・・。 ...
こんにちは。 寒くなってきて暖房をつけるようになると、次はアレが気になりますよね。 いきなりパチパチッと!!静電気です。 ...
こんにちは。 猫ってほぼ一日中寝てる日ってないですか? あまりにも寝過ぎで病気かも??って心配してしまいますよね。 ...
こんにちは。 猫たちのことが気になって、なかなか長期の旅行に行けないnaminiです。 猫様のお留守番、何日までなら...

スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする