「猫が水飲まない」の対策に、即実践したい5つの方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク広告




猫 水

こんにちは。

猫様にお水をたくさん飲んでもらうのって難しいですよね。

「いっぱいお水を飲んでね~。」と言っても分かってくれた様子もなく、相変わらずの寝放題。

もっとお水を飲んで欲しけど、どうやったらいいの?っと、猫の飲み水対策にお悩みの方も多いと思います。

実は我が家もニャンズの健康診断の時に先生から、「もっと水を飲ませてくださいね~。」っと言われた事があります。

それから色々な方法をお試ししました。

今日はその中でも効果のあったものをご紹介します。

愛猫さんにもっとお水を飲んでもらいたい!!と思っている方のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

猫が水飲まない。我が家で効果があった対策!

愛猫さんの飲み水を増やすために、我が家で効果のあった対策をご紹介します。

簡単なので、すぐに実践できますよ。

猫が水飲まない!対策5つ

①水飲み場の数を増やす。

②水を変える。

③水飲み場の環境を変える。

④ウエットフードに一工夫。

⑤時間があれば手から水をあげる。

それでは、1つずつ詳しくご説明します。

猫が水飲まない対策その①水飲み場の数を増やす。

猫達が飲みたい時にすぐに水が飲めるようにと、水飲み場を増やしました。

リビングに2ヶ所だった水飲み場所を寝室に1つ増やして、計3ヶ所に。

ほとんどリビングで生活している我が家の猫さん達ですが、意外にも寝室の水の減りが一番多いです。

猫には、餌と水が近くにあるより、少し離れた場所にある方が良いと言われています。

今ある場所から少し離れた場所に、水飲み場を増やしてみてはいかがでしょうか?

間取り図

猫が水飲まない対策その②水を変える

猫の飲み水は、基本的には水道水でOKです。

しかし、猫は人間の20万倍以上の嗅覚を持つと言われています。

猫様の中には私たちが気にならない、水道水の塩素の匂いが気になる場合もあります。

そこで、水道水を沸かし白湯にして与えたところ、たくさんお水を飲んでくれるようになりました。

【白湯の作り方、飲み水不足で起こる事など、詳しくはこちらの記事でご確認くださいね!】

こんにちは。 猫って猫舌だと思いますよね。 私もずっと思ってました。 猫舌だから冷たい物しか食べないとか。 ...

白湯を作るのがめんどくさいな~っと思いの方は、ペット専用のお水もネットなどで販売されています。

お試ししてみてはいかがでしょうか?

商品名に”犬”とついてますが、猫様にも飲んでいただけますよ!

猫が水飲まない対策その③水飲み場の環境を変える

水飲み場夏1

寒い季節は、特に猫様の飲む水の量が少なくなると言われています。

冬場は水飲み場の環境も猫様が過ごしやすいようにしたいですね。

我が家では、冬場は水飲み場所に100均のマットを敷いています。

これで、肉球も冷たくならず、時間をかけて沢山のお水を飲んでもらえますよね!

ちなみに、冬場はご飯の場所にもマットを敷いてありますよ。

ご飯も足が冷たく無い所でゆっくり食べて欲しいですもんね!

また、容器は匂いの付きにくい陶器のものを使用しています。

器の大きさは、ひげが濡れるのを嫌がる猫のために、広めで浅いものです。

そして、一日に一度は容器をスポンジで洗剤を使わずに洗っています。

お水は新鮮なものをたっぷり与えるようにしたいですね!

猫が水飲まない対策、④ウエットフードにひと工夫する

ドライフードをウエットフードにすることでも水分摂取量を増やすことが出来ますよね。

ドライフードが基本の我が家でも、週に2回ウエットフードをスペシャルご飯としてあげています。

そして、その時にお湯を加えてさらに水分量を多くしています。

ウエットフードにお湯を加えて水分量アップする方法

用意するもの

●猫様お気に入りのウエットフード

●お湯(約30ml)

●スプーン(なるべく長いもの)

作り方:

①ウエットフードを用意する。

フード1−1

     

②蓋を開け、お湯を約30ml(大さじ2)加える。
(やけどに注意してくださいね)

     ↓

③混ぜでお湯とフードをミックスする。

フード2−1

     

④お皿に入れる。

フード3

フード4

お湯を加えることで匂いも立つ為、フードも食いつきも良くなりました。

猫が水飲まない対策その⑤時間があれば手から水をあげる。

猫って飼い主さんの手からご飯を食べるのが好きですよね。

時間のある時は水飲み場の水を指の先につけて、直接指から水をあげるようにしています。

猫が水飲み場へ行かないのなら、こちらから水を持って行く作戦です。

意外にもこれが!結構飲んでくれますよ。

お互いにまったりしている時にお試ししてくださいね。

スポンサーリンク

猫に必要な水の量は?

猫に1日に必要なお水の量は、フードから取る量もあわせて、体重1キロあたり約50mlと言われています。

体重が4キロの猫さんなら約200mlとなりますね。

猫の飲水量のチェック方法は?

愛猫さんがいつもどれくらいお水を飲んでいるか気になりますよね。

簡単にチェックできる方法もあります。

猫の飲水量のチェック方法

器に入れる時に水の量を計測します。

そして、水を取り替える時に残った水の量を測ります。

器に入れた水の量ー残った水の量=猫が飲んだ水の量

となります。

猫の飲水量を知っておくことは、健康管理にも大切です。

手軽に出来る方法で長く続けて、気になる事があれば獣医さんへ相談したいですね。

うちの猫が水飲まない!考えられる理由

猫が水を飲まない場合、考えられる主な理由は、

水場まで行くのが面倒くさい

特に寒い季節は、離れたところにある水を飲みに行くのなら、

ぬくぬくしていたいな~と思い、飲水量が減ってしまいます。

水や器が気に入らない

水が新鮮ではない、塩素などの臭いがするとグルメな猫様は積極的に飲んではくれません。

また、器が汚れていたり洗剤の臭いが残っていても気になってしまいます。

水飲み場が落ち着かない

人通りが多い、暑い、寒いなどの環境では落ち着いて、ゆっくりお水を飲むことが出来ません。

体調が悪い

猫様の体調が悪い場合は、ご飯の量もお水を飲む量も減ってしまいがちです。

まずは、猫さんの水飲み場の環境をもう一度見直してみてくださいね。

【こちらの記事もオススメです。】

こんにちは。 猫様の飲み水って何がいいのでしょうか? 水道水?ミネラルウォーター?浄水器を通した水? 可愛い愛猫さんに...
こんにちは。 猫ってほぼ一日中寝てる日ってないですか? あまりにも寝過ぎで病気かも??って心配してしまいますよね。 ...

まとめ

まとめ

飼い主さんをなやませる、猫が水飲まない!の対策として我が家で行なっているものは、

①水飲み場の数を増やす。

猫が水を飲みたくなった時に近くにあるようにする。

②水を変える。

水道水は一度沸騰させて、塩素など猫の気になる匂いを取る。

③水飲み場の環境を変える。

冬場はマットなどを敷いて水を飲みやすい環境を作る。

容器も匂いの付きにくい陶器のものや、ひげの濡れない大きめのものに。

④ウエットフードに一工夫する。

水分の多いウエットフードにお湯を加えて食いつきを良く、水分摂取量も増やすようにする。

⑤時間があれば手から水をあげる。

飼い主が猫に水を運ぶようにする。

指から水をあげれば、スキンシップにもなりますよ。

我が家では、この5つの対策で猫が水を飲んでいる姿を見かけるのが多くなりました。

猫に十分な水を飲んでもらいうのはなかなか大変です。

できれば、自然に沢山飲んでもらえるようにしたいですよね。

今回、ご紹介した方法をできるものから試してみてくださいね。

おたくの愛猫さんが気にいる方法が見つかるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 曽我実秋 より:

    猫に1日に必要なお水の量は、フードから取る量もあわせて、体重1キロあたり約50mlと言われています。

    体重が4キロの猫さんなら約200mlとなりますね。

    とありますが200mlって200ccですよね。ちょっと多くないですか?

    うちの子その半分の100も飲んでないですよ。子供の時から大人になった今でも

    • mofumofucat より:

      こんにちは。
      コメントありがとうございます。

      以前、我が家の猫が健康診断で採血をした時に
      血がドロドロで採血が出来ないことがありました。
      採血に時間がかかってしまい看護師さんも困るわ猫も痛がるわで、申し訳ない気持ちになりました。

      原因は水を飲む量が足りていないということで、獣医さんよりもっとお水を飲ませるようにしてください。と指導をいただきました。

      その時に目安に教えていただいたのが、体重1キロに対して約50mlという量でしたのでご紹介させていただきました。

      確かに4キロの猫に200mlのお水は多いと思いましたが、この量を目標にして、健康の為にも1滴でも多く飲んでもらいたいといろいろと工夫しています。