猫がエアコンを嫌がる!これで猛暑も怖くないお留守番マニュアル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク広告




夏ソラ

我が家の猫達はエアコン、(特に冷房)を嫌がるんです。

真夏でもしばらくするとエアコンの効いた涼しい部屋を出て、廊下で寝ている事が多いんですよね〜。

一緒にお家にいる時はそれでもいいんです。

しかし、長い時間家を空ける時はどうしたら良いのか困りますよね。

仕事や外に出て家を空けていると、お留守番中の猫の事が気になりませんか?

・エアコンが嫌いだからつけて来なかったけど大丈夫かな?熱中症になってないかな?

・昨日はご飯を残したけど夏バテかな?

いろいろと心配ばかりしてしまいますよね。

そこで、エアコンを嫌がる猫さんの為に、エアコン無しでも快適お留守番マニュアルをまとめてみました

「猫の暑さ対策どーしよう??」っと、お悩みの方の参考になれば嬉しいです。

今回参考にしたもの

学研マーケティング/うちの猫のキモチが分かる本VOL.31

スポンサーリンク

猫は暑さに強いの?

猫って寒いのが苦手というイメージがありますが、暑さに弱いイメージってありませんよね。

猫の祖先は砂漠に住んでいたため、暑さに強いと思われていました。

しかし、近年の猛暑や、60%を超える多湿の環境はやはり負担が大きいようです。

人間と同じように、熱中症や夏バテを起こす危険もありますよ。

特に体力のあまりない子猫やシニア猫、太り気味の猫は特に気をつけてあげてくださいね。

どうする?エアコンを使用しない猫のお留守番

エアコン

エアコンを嫌がる猫さんにはやはり、エアコンをつけない環境でお留守番もしていただきたいですよね。

真夏のお留守番で、エアコンを嫌がる猫さんのためにできる主な熱中症対策は7つ!

①水をたくさん飲んでもらう。

②直接日光が部屋に入らないようにカーテンを閉じておく。

③可能なら窓を開ける。部屋のドアを閉めずに空気の流れを作る。

④食べ物に工夫して、体力を維持する。

⑤こまめなブラッシングで熱がこもらないようにする。

⑥ペット用の暑さ対策グッズを使う。

⑦トイレを清潔に保つ。

では、それぞれに詳しくご紹介していきますね。

①水をたくさん飲んでもらう。(水飲み場を増やすなど。)



水を多く飲んでもらえれば、体の中から体温を下げることができます。

まずは、水飲み場を増やすなど、水を多く飲んでもらう工夫をしてあげたいですね。

しかし、冷たすぎると逆に猫の体調を崩してしまう事があります。

お水に氷などを入れるのではなく、常に新鮮なお水が飲めるようにしてください。

水の温度よりも新鮮さにこだわりたいですね。

猫の飲水については、こちらの記事も参考にしてくださいね。

猫の飲み水は水道水?ミネラルウォーター?浄水器?どれがいいの

②直射日光が当たらないようにカーテンを閉じておく。

直射日光が当たれば、それだけ部屋の温度も上がります。

すだれやカーテンで直射日光を遮断して下さい。

我が家では猫が日光浴もできるように、半分はレースのカーテンにしていますよ。

窓

③可能であれば窓を少し開ける。
部屋のドアを閉めきらない、扇風機を回すなどして空気の流れを作る。

猫がお家の中の涼しい場所に移動できるように、部屋のドアは締め切らないでおきたいですね。

空気の流れを作ることで、部屋にこもった熱を逃がす効果もあります。

扇風機を使う場合は、猫のお気に入りの場所に直接風が当たらない角度に調整してあげてくださいね。

猫が爪をファンに当てないよう、カバーも付けたいですね。

扇風機カバーちゃんと百均にもありました!

扇風機

窓を開ける場合は、強い風でドアが閉まると猫が部屋に閉じ込められる! なんて事もありますよね。

ドアストッパーでドアを固定しておくと安心ですよ

④食べ物を工夫して体力維持を心がける。(スペシャルご飯の回数を増やすなど)



猫も人も夏は食欲が落ちてしまうことがありますよね。

体力の維持は夏バテの防止にもなります。

ドライフードには、愛猫さんが好きなものをトッピングするなどして食欲を落とさない工夫をしたいですね。

ちなみに我が家のニャンズのお気に入りトッピングはこちらです。

袋を開けたとたんに走ってきます。

お気に入りのウエットフードはこちらです。

ウエットフードはドライフードよりも水分が多いので、水分をとってもらうためにも夏は週2くらいであげています。

⑤こまめなブラッシングで体に熱がこもらないようにする。



夏毛とはいえ、やはり毛がびっしりの猫の体は熱が逃げにくいものです。

ブラッシングでスッキリしてもらいましょう!

ブラッシングについてはこちらの記事もおすすめです。

猫用ブラシは100均を愛用中!使い心地やブラッシングの注意点は?

⑥ペット用の暑さ対策グッズで猫に快適な場所を作る。



ホームセンターやペットショップで見かける、ペット用の暑さ対策グッズも用意してあげたいですね。

猫さんが日頃よく昼寝をするお気に入りの場所に敷いてあげてくださいね。

猫の暑さ対策グッズについてはこちらで詳しくご紹介しています。

よかったら参考にしてくださいね。

猫の暑さ対策グッズ、おすすめはこの8つ!選ぶポイントやコツも

⑦トイレを清潔にしておく。



おしっこをすることで、猫の体温を下げることができます。

猫様がいつもストレスなく使えるように、トイレは常に清潔にしておきたいですね。

スポンサーリンク


エアコンを使用してお留守番をしてもらう場合

猫お留守番

エアコンを嫌がらない猫さんには、エアコンを付けた部屋でお留守番していただいた方が飼い主としては安心ですよね。

エアコンありでのお留守番の注意点を4つご紹介します。

①設定温度は28度前後にする。


猫の生活快適温度は25度~28度、湿度50〜60%です。


猫がここちよい室温になるように28前後に設定してくださいね。

②エアコンの音が嫌いな猫ちゃんは、静音モードなどに設定しておく。

エアコンの運転音が気になってしまう猫さんもいます。

静音モードなどがあれば設定をして下さいね。

③部屋のドアは閉めきらない。



エアコンが聞きすぎて寒くなった時に他の部屋へ移動できるよう、ドアは締め切らないで少し隙間を開けて下さいね。

④猫の寝床に直接風が当たらないようにする。

猫が寝ている体にエアコンの冷たい風が直接当たれば、体調を壊してしまう場合も。

部屋を冷やしすぎないようにするためにも、エアコンの風向きは上向きにしてください。

もちろん水場を増やす、食べ物やクールマットなどの基本的な熱中症対策はしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

猫の熱中症の症状は?

気を付けていても、かかってしまうかも知れない熱中症。

見逃してしまわないように、症状も知っておきたいですよね。

猫の熱中症の症状

●息づかいが荒く、口からハァハァと犬のような呼吸をする。

●体全体が熱くなっている。

●ぐったりして、舌を出しよだれなどが口から出ている。

●ふらついて倒れる。

このような症状の場合は、早めに病院へ連れて行ってください。

お家で出来る応急処置

病院へ行くまでにも、お家で出来る応急処置はあります。獣医さんへ行くまでの応急処置をまとめました。

  • エアコンの効いている部屋など涼しい場所に連れて行く。

  • 濡らしたタオルや保冷剤を猫の脇や首筋に当てる。

  • 可能であれば水を飲ませる。

獣医さんへ行く前に連携し、準備をする間に少しでも早めの処置をしてあげて下さい。

まとめ

猫5,1

猫の生活快適温度は25度~28度、湿度50〜60%です。

エアコンの設定温度は28度を目安にしてください。

人間と同じように猫も熱中症や夏バテになります。

夏はいつも以上に猫の様子には気を付けるようにしたいですね。

特に子猫やシニア猫は体力が無く、熱中症や夏バテになりやすいので注意してあげてくださいね。

お留守番の時の熱中症対策はエアコンが大丈夫な猫と、エアコン嫌いな猫ちゃんでは違います。

愛猫さんの好みを知って、ぴったりな方法でお留守番してもらってくださいね。

この記事が、猫の夏のお留守番でお悩みの方の参考になれば幸いです。

それでは、みなさんと皆さんの愛猫さんが今年も元気に暑い夏を乗り越えられますように。

こちらの記事もオススメです。

猫が夏毛になり痩せた感じがする理由はコレ!夏バテを疑う前に一安心

猫砂のおすすめは? 固まる、流せる、我が家のベストセラーはコレ

猫のため夏にエアコン、温度は?運転モードや節約のコツまとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする