猫がエアコンを嫌がる!これで猛暑も怖くないお留守番マニュアル




夏ソラ

 

こんにちは。

夏生まれですが、暑いのが苦手なnaminiです。

最近の夏って暑いですよね〜〜。まいった。

でも、我が家の猫達はエアコン、(特に冷房)を嫌がるんですよね。。。

真夏でもしばらくするとエアコンの効いた涼しい部屋を出て、ムッとした暑さの廊下で寝ていることが多いんです。
(信じられません!)

 

私と一緒にお家にいる時はそれでもいいんです。
たまに様子を見たりできますもんね。

でも、長い時間家を空ける時お留守番中の猫の事が気になるんですよね。

 

・エアコンが嫌いだからつけて来なかったけど大丈夫かな?

・熱中症になってないかな?

ものすごーく不安になったりしちゃいます。

 

そこで今回は、エアコンを嫌がる猫さんの為にエアコン無しでも快適お留守番マニュアルをまとめてみました

 

「猫の暑さ対策どーしよう??」と、お悩みの方の参考になれば嬉しいです。

 

 

今回参考にしたもの

学研マーケティング/うちの猫のキモチが分かる本VOL.31

 

 

スポンサーリンク

 

猫は暑さに強いの?

 

犬は暑さに弱いイメージがありますが、猫ってそうでもない気がしますよね。

どっちかって言うと、寒い方が苦手という感じ。

 

実際に、猫の祖先は砂漠に住んでいたため暑さに強いと思われていました。

しかし、近年の猛暑や、60%を超える多湿な日本の環境はやはり猫も苦手。

人間と同じように、熱中症や夏バテを起こす危険もあるんです。

特に体力のあまりない子猫やシニア猫、太り気味の猫は気をつけないといけないと言われています。

 

 

どうする?エアコンを使用しない猫のお留守番

エアコン

 

エアコンを嫌がる猫さんにはやはり、なるべくならエアコンをつけない快適環境でお留守番もしていただきたいですよね。

 

なので、真夏にエアコンを嫌がる猫さんのためにできる熱中症対策を7つご紹介します。

 

①水をたくさん飲んでもらう工夫をする。



猫に水を多く飲んでもらえれば、体の中から体温を下げることができます。

まずは水飲み場を増やすなど、水を多く飲んでもらう工夫をしてあげましょう。

 

しかし、夏だからといってお水に氷を入れたりはNG。
水が冷たすぎると猫の体調を崩してしまう事もあります。

 

大事なのは、水の温度よりも鮮度!

常に新鮮なお水が飲めるようにこまめにお水を変えたり、容器をキレイに洗ってあげましょう。

夏場、我が家では朝と夜に3つある水飲み場のお水を交換していますよ〜。

ちょっとめんどくさいけど、猫の体調のほうが大事! ですもん。

 

猫の飲水については、こちらの記事でもご紹介しています。
↓↓↓

猫の飲み水は水道水?ミネラルウォーター?浄水器?どれがいいの

 

 

 

②直射日光が当たらないようにカーテンを閉じておく。

夏場、直射日光が当たる部屋はぐんぐん温度が上がります。

すだれやカーテンで直射日光をシャットアウトすることも大事です。

 

我が家では、猫が大好きな日光浴もできるように半分はレースのカーテンにしています。

窓

 

 

 

③可能であれば窓を少し開ける。
部屋のドアを閉めきらない、扇風機を回して空気の流れを作る。

 

エアコンを付けない夏場のお留守番では、猫が家の中の涼しい場所に移動できるように部屋のドアは締め切らないでおきましょう。

ドアを少し開けておいて空気の流れを作ることで、部屋にこもった熱を逃がす効果もあります。

 

扇風機を使う場合は、猫のお気に入りの場所に直接風が当たらない角度に調整してあげてくださいね。

猫が爪をファンに当てないよう、カバーも付けたいですね。

 

扇風機カバーちゃんと百均にもありました!

 

扇風機

 

窓を少し開ける場合は、強い風でドアが閉まると猫が部屋に閉じ込められる! なんて事も考えられます。

ドアストッパーでドアを固定しておきましょう。

 

 

こんな可愛いドアストッパーもあります^^

 

 

 

④ごはんに工夫して体力維持を心がける。(スペシャルご飯の回数を増やすなど)



猫も人も夏は食欲が落ちてしまいがち。

体力維持は夏バテの防止にもなるので、ご飯はちゃんと食べてもらいたいところ。

ドライフードには、愛猫さんが好きなものをトッピングすると食いつきも良くなりますよ。

 

ちなみに我が家のニャンズのお気に入りトッピングはこちら。

袋を開けたとたんに、ダッシュで走ってきます。

 

 

 

お気に入りのウエットフードはこちら!

ウエットフードはドライフードよりも水分が多くて、水分補給にもなって助かります。

普段は週イチであげるんですけど、夏場は週2くらいで食べてもらってます。

 

 

猫さんのフードについてはこちらも良かったらどうぞ。
↓↓↓

キャットフードの保存方法は?美味しく食べてもらうためにできること

猫のウエットフード、開封後の保存方法や賞味期限は?

 

 

⑤こまめなブラッシングで体に熱がこもらないようにする。



夏毛とはいえ、やはり毛がびっしりの猫の体は熱が逃げにくいもの。

ブラッシングでスッキリしてもらいましょう!

 

 

ブラッシングについてはこちらでも書いてます。
↓↓↓

猫用ブラシは100均を愛用中!使い心地やブラッシングの注意点は?

 

 

 

⑥ペット用の暑さ対策グッズで猫に快適な場所を作ろう!



夏場にホームセンターやペットショップで見かけるペット用の暑さ対策グッズも用意してあげたいですね。

猫さんが日頃よく昼寝をするお気に入りの場所に置いてあげましょう。

猫の暑さ対策グッズについてはこちらで詳しくご紹介しています。
よかったら参考にしてくださいね。
↓↓↓

猫の暑さ対策グッズ、おすすめはこの8つ!選ぶポイントやコツも

 

 

⑦トイレを清潔にしておく。



おしっこをすると、猫の体温を下げることになるんです。

猫様がいつもストレスがなくトイレを使えるように、常にキレイにしておきましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 


エアコンを使ってお留守番をしてもらう場合

猫お留守番

 

ここ数年の夏みたいにとんでもなく暑い日が続いたり、あまりエアコンを嫌がらない猫さんにはエアコンを付けた部屋でお留守番していただいた方が飼い主としては安心。

 

ここで、
エアコンを付けたお留守番の注意点を4つご紹介します。

 

 

①エアコンの設定温度は28度前後に。

 


猫の生活に快適な温度は25度~28度、湿度50〜60%。


猫がここちよい室温になるようにエアコンは28前後に設定してくださいね。

 

 

 

②エアコンの音が嫌いな猫ちゃんは、静音モードなどに設定しておく。

 

耳の良い猫様、たまにエアコンの運転音が気になってしまう事もあります。

静音モード(おやすみモード)などがあれば設定してくださいね!

 

 

③部屋のドアは閉めきらない。



部屋のエアコンが効きすぎて寒くなった時に、猫が他の部屋へ移動できるようにしておくことも大事。
部屋のドアは締め切らないで少し隙間を開けて下さいね。

こうしておくと、万が一エアコンが故障した時も安心です。

 

 

④猫の寝床に直接風が当たらないようにする。

猫の寝床にエアコンの冷たい風が直接当たれば、体調を壊してしまう場合も。

部屋を冷やしすぎないようにするためにも、エアコンの風向きは上向きにしてください。

 

この他にも基本的な夏の暑さ対策、水場を増やす、ご飯の管理やクールマットなども必ずしてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

 

猫の熱中症の症状は?

 

ちゃんと気を付けていても、かかってしまうかも知れない熱中症。

見逃してしまわないように、症状も知っておきましょう。

 

 

【猫の熱中症の症状】

 

●息づかいが荒く、口からハァハァと犬のような呼吸をする。

●体全体が熱くなっている。

●ぐったりして、舌を出しよだれなどが口から出ている。

●ふらついて倒れる。

 

 

もし、愛猫さんが夏場にこんな症状の時は早めに病院へ連れて行ってください。

 

 

お家でできる応急処置の方法

 

もし、夏に猫が熱中症になったら病院へ行くまでにお家でできる応急処置があります。
獣医さんへ行くまでの応急処置をまとめました。

 

  • エアコンの効いている部屋など涼しい場所に連れて行く。

 

  • 濡らしたタオルや保冷剤を猫の脇や首筋に当てる。

 

  • 可能であれば水を飲ませる。

 

獣医さんへ行く準備をする間に、少しでも早めの処置をしてあげて下さい。

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

猫5,1

 

夏にエアコンを嫌がる猫さんの熱中症対策は、

①お水をたくさん飲ませる。

②猫がいる部屋には直射日光が当たらないようにする。

③できれば窓を少し開けておく。
換気扇をまわしたり空気の流れを良くしておく。

④食欲を減らさない。
ご飯の工夫をして体力維持をこころがける。

⑤こまめなブラッシングで体から熱が逃げやすくする。

⑥ペット用の暑さ対策グッズを使う。

⑦トイレは清潔にしておく。

 

猫の生活快適温度は25度~28度、湿度50〜60%。

もしエアコンをつけてお留守番をしてもらう時は、設定温度を28度くらいにしてください。

 

暑いのは大丈夫だと思われがちな猫さん。
でも、湿度の高い日本の夏は得意ではないんです。

人間と同じように猫も熱中症や夏バテになります。

夏はいつも以上に猫の様子には気を付けるようにしたいですね。

 

お留守番の時の熱中症対策はエアコンが大丈夫な猫と、エアコン嫌いな猫ちゃんでは違います。

愛猫さんの好みを知って、より良い方法でお留守番してもらってくださいね。

 

この記事が、猫の夏のお留守番でお悩みの方の参考になれば幸いです。

 

それでは、みなさんと皆さんの愛猫さんが今年も元気に暑い夏を乗り越えられますように。

 

猫との暮らしのお悩み解決に
↓↓↓

猫用レボリューションの使い方と、獣医さんがオススメするワケ。

猫のアゴの下の黒いつぶつぶや汚れ!自宅でケアして綺麗にしよう。

猫が吐く。餌がそのまま出てきた時は危険?病院は?原因はなに?

猫が吐く!黄色い液体が出た時は病院へ行った方がいいの?

猫が夏毛になり痩せた感じがする理由はコレ!夏バテを疑う前に一安心

猫のため夏にエアコン、温度は?運転モードや節約のコツまとめ

猫が落ち着く年齢は?うちの猫いつになったらおとなしくなる?

猫がゲロを吐いた!掃除方法は?写真付きで詳しく解説 。

猫のため夜の電気はつけたまま寝た方がよいの?消してもいいの?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)