猫に暖房なしでも快適に過ごしてもらうため、4つの場所に工夫しよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ

こんにちは!

猫と暮らしていると冬場の暖房の事悩みませんか?

1日中つけっぱなしにするわけにもいかないし・・・。

猫って冬になるとモフモフの冬毛になり、ある程度は自分で寒さに備える事が出来ます。

しかし、愛猫さんにはなるべく寒い思いはして欲しくないものですよね。

寒すぎる環境は体調不良の原因にもなります。

そこで今回は、猫に暖房なしでも快適に暮らしていただくための簡単な工夫をご紹介します。

今回参考にしたもの:㈱べメッセ/ねこのきもち2016年12月号(猫をあたためるポカポカハウスの作り方)

スポンサーリンク

猫が暖房なしでも快適に暮らすために出来ること

愛猫に暖房なしでも快適に過ごしてもらうため、工夫したい場所は4つあります。

寝床(ベット)

窓まわり

トイレまわり

フードや水まわり

です。

それでは、各場所にできる工夫について詳しくご紹介しますね!

暖房なしでも快適に!寝床の工夫しよう

猫は1日のほとんどの時間を寝て過ごします。

猫様に暖房なしでも快適に暮らして頂くには、寝床の工夫は欠かせません。

猫の寝床に出来る工夫は3つあります。

①猫のベットに毛布を敷く

猫にお気に入りの寝床やベットがある場合は、そこに毛布を敷く。

屋根付きのベットの場合は、上からも毛布を掛けてください。

使い古しのひざ掛けや、100均に売っているもこもこの毛布でもOKです。

我が家は粗品でいただいたひざ掛けや、100均の毛布をねこちぐらに敷いたり掛けたりしています。

ちぐら冬

毛布をベットの中に敷く場合は、毛布を二つ折りにして入れておくと、
その上に座ったり中に潜ることも出来ます。

暖かいベットのなかでぐっすり眠って頂くことができますね。

毛布たたみ方0

②ベットの下に断熱シートを敷く

ベットの下に断熱シートを敷くのも有効です。

100均で断熱用のアルミロールシートも売っています。

猫のベットよりひとまわり大きなサイズにカットして下に敷くだけで、猫様を床からの冷気から守る事が出来ますよ。

断熱シート

ベットの中の保温性もアップしますね。

③ベットの中に湯たんぽを入れる。

湯たんぽなら長い間、暖房なしでも猫様を温めてくれます。

きちんと使用すれば、優しい暖かさで猫様を寒さから守ってくれますよ。

手軽なペットボトル湯たんぽの作り方は、こちらでも紹介しています。

参考にしてください。

こんにちは。 寒い時期の猫様のお留守番、暖房はどうされてますか? 冬場は光熱費もかさみます。 なるべくお財布にも優し...

暖房なしでも快適に!窓まわりを工夫しよう

猫にお家で暖かく過ごして頂くには、窓から入ってくる冷気を遮断したいですよね。

そこで我が家では、窓に断熱シートを貼っていますよ。

着脱テープが付いて簡単に貼れるものが、ホームセンターや100均に売っています。

窓用シート0

シートははさみで簡単に切ることができるので窓全体ではなく、下の部分(約20センチ)に貼っています。

それだけでも、窓の隙間から入ってくる冷たい空気は減ったように感じます。

冷気が入って来にくくなことで暖房効率も上がります。

猫様にも飼い主さんのお財布にも優しいですよね!

また、猫は窓から外を眺めるのが大好きです。

外を眺めている間も冷えから守ってあげる事ができますね!

暖房なしでも快適に!フードやトイレ周りの工夫

猫が大好きなごはんの時間も過ごしやすくしてあげたいですよね。

特に冬は寒くて猫がお水を飲む量が減ってしまいます。

我が家では、お水やフードまわりには足が冷えないようにマットを敷いています。

また、寒くてトイレに行きたくない!ような事にならないようにトイレ周りにもマットを敷いています。

夜も冷えるようになる10月半ば頃からマットを敷くようにしています。

ちなみに、マットも100均で購入していますよ。

水飲み場夏1

 分かりにくいのですが、お水の容器の下にマットが敷いてあります。

スポンサーリンク

寒いと猫も風邪をひくの?

猫は毛が冬毛になるなどの防寒対策である程度の寒さに耐える事が出来ます。

しかし、寒くなることで体力や免疫力が低下して風邪をひいてしまうこともあります。

猫の風邪の症状としてはこのようなものがあります。

鼻水

くしゃみ

食欲がない

元気がない

また、お腹は冷えに弱いところと言われています。

お腹が冷えすぎると腸の働きが弱くなり、下痢を起こしやすくなるとも言われています。

猫が健康に冬の間も生活出来るよう、快適な環境を作って寒さから守ってあげたいですね。

猫にとって快適な室温は?

猫にとって快適な室温は22~24℃と言われています。

しかし、体温調節が苦手な子猫やシニア猫はもう少し高い温度が良いと言われています。

また、部屋同士の温度差は4℃以内が理想的です。

部屋は暖かいけれど、トイレの場所が寒すぎる。とういことが無いように気を付けたいですね!

湿度は静電気防止のためにも50~60%に保つのが良いと言われています。

暖房をつける時の参考にしてくださいね。

猫様もびっくりするいきなりのパチパチっ!(静電気)を防ぐにはこちらの記事も参考にしてください。

こんにちは。 寒くなってきて暖房をつけるようになると、次はアレが気になりますよね。 いきなりパチパチッと!!静電気です。 ...

まとめ

猫

猫に暖房をなしでも快適に過ごしてもらうためには、家の中の4つの場所に工夫が必要です。

猫の寝床(ベット)

窓まわり

ごはんやお水まわり

トイレまわり

です。

寝床(ベット)には、毛布を敷いたり掛けたりして猫が暖かく眠れる工夫が必要です。

断熱用アルミシートも効果があります

窓まわりは断熱シートを貼ることで外からの冷気を防ぐ事が出来ます。

ごはんやお水周りには、マットを敷くことで足元が冷たくなるのを防ぐ事ができます。

同じようにトイレまわりにもマットを敷くことで、トイレ行く回数を減らさない工夫にもなります。

猫も寒ければ風邪をひいたり、体調を崩してしまいます。

今回ご紹介した寒さ対策は、100均に売っているもので工夫することができます。

猫が暖房なしでも快適に暮らせるように、出来るものから実践してあげてくださいね!

【こちらの記事もオススメです。】

こんにちは。 猫さんの冬の夜間や留守中の暖房どうされてますか? エアコンはコストがかかるし、ストーブを付けっ放しにして出かけ...
こんにちは。 猫さんの寒さ対策バッチリしてあげたいですよね。 しかし、せっかく冬用の暖かそうなベットを買ってあげても、気...
こんにちは。 最近は猫と一緒に暮らせるアパートやマンションが増えてきましたよね。 一人暮らしで猫を飼っているという方も...
こんにちは。 猫ってほぼ一日中寝てる日ってないですか? あまりにも寝過ぎで病気かも??って心配してしまいますよね。 ...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする