猫にキャットタワーは絶対必要??購入時のチェックポイントも

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク広告




トップ

こんにちは。

猫はジャンプをしたり、上下運動が欠かせない動物です。

猫の運動不足対策にキャットタワーの購入をお考えの方も多いと思います。

しかし、キャットタワーって場所を取るし、なかなかいいお値段しますよね。

大きなもを置けば、お部屋の雰囲気も変わってしまいます。

猫には本当にキャットタワーって必要なの?って思いませんか?

そこで今回は、私が実際に購入したキャットタワーの現在の利用状況を元に、

キャットタワーは絶対に必要なものなのか?を考えてみました。

キャットタワーって本当に買った方がいいの?お悩みの方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

快適な環境で暮らしている猫様にはキャットタワーは必ず必要ではありません。

すでに猫さんが快適で心地よく暮らせる環境がある場合は、急いでキャットタワーを購入する必要はありません。

では、猫にとって快適な環境は?どんな所?まずそこを確認したいと思います。

猫にとって快適な環境とは?

室温など、猫にとって良い環境の条件はたくさんありますが、今回はキャットタワーに関係する条件を書き出しました。

猫にとって快適な環境

  • 上下運動ができる。

  • 猫が落ち着ける場所がある。

  • 猫が避難できる場所がある。(隠れ家)

  • 飼い主さんが遊んであげている。

です。

では、もう少し細かくご説明しますね。

猫が十分に上下運動ができる。

猫には広い空間よりも、ジャンプして高いところへ移動できる上下運動が必要と言われています。

しかも、猫は高いところが大好きですよね。

  • 猫がジャンプしてよく登るタンスや棚などがある。

  • テーブルや冷蔵庫の上に登ることを禁止していない。

こんなお家の猫さんは上下運動ができていますよね。

キャットタワーは絶対に必要なアイテムではありません。

我が家はニャンズがタンスや冷蔵庫の上へ行くのもOKです。

そのためか、キャットタワーの上でのんびりしている光景はあまり見かけません。

猫が上下運動できる場所を作る工夫

猫にもっと上下運動をしていただくために今あるものできる工夫をいくつかご紹介します。

  • タンスの上に物を置かないようにして、猫用スペースにする。

  • 洋服などを収納する収納BOXを階段状に置く。

  • テレビを固定して、猫がジャンプしても安全なようにする。

  • 本棚の一部を猫用としてスペースを空けておく。

    さわらどんTV

猫が落ち着ける場所がある

キャットタワーには、猫が一人で落ち着ける場所を作るという意味もあります。

また、窓の近くにキャットタワーを設置した方が良いと言われる理由は、窓の外を眺めることができるようにするためです。

猫が落ち着ける場所や居心地のいい寝床、落ち着いて窓の外を眺められる場所があれば、キャットタワーは必要ではありません。

猫が避難できる場所(隠れる場所)がある

我が家でニャンズがキャットタワーを利用するのはこのケースです。

苦手な掃除機から避難するために高い場所へ逃げる時にキャットタワーに登ります。

猫が苦手なことがあった時、(我が家の場合は来客や掃除機)にちゃんと避難できる高い場所や別の部屋がある猫さんにはキャットタワーは必須アイテムではありません。

飼い主さんが十分に遊んであげている

キャットタワーには猫が遊べるように工夫がしてあったり、爪とぎができるものもあり、猫のストレス解消にもなるものもあります。

ちゃんと爪とぎが置いてあったり、飼い主さんが十分に遊ぶ時間を作っているストレスフリーな猫様にもキャットタワーは必須アイテムではありません。

【猫と遊ぶ時間についてはこちらもどうぞ】

猫と遊ぶ時間って至福のひとときですよね。 うちは2匹のニャンズがいるので、一旦遊び始めると順番待ち状態になります。 2歳...

スポンサーリンク

後悔しないキャットタワーの選び方

三毛

我が家の愛猫にはどうやらキャットタワーが必要かも?そう思った方、次はキャットタワーの選び方も気になりますよね。

キャットタワーには”据え置きタイプ”と”突っ張りタイプ”の2種類があります。

それぞれの特徴をご紹介しますね。

キャットタワー据え置きタイプとは?

据え置きタイプは床に置いて使うタイプです。

小さいものから大きなもの、猫が入れる小屋のようなものが付いているものなど、たくさんの種類が販売されています。

据え置きタイプのキャットタワーのメリット、デメリットをご紹介しますね。

据え置きタイプのメリット

  • 移動する事ができます。他の部屋への移動や掃除もできます。
  • 賃貸の場合は壁や天井に傷が付かない。

デメリット

  • 大型のものを置くには広いスペースが必要です。
  • 目立つので、部屋の雰囲気を壊してしまいます。

どんな猫に向いているの?

据え置きタイプのキャットタワーはサイズが豊富です。

猫の年齢によって大きさを選ぶことができます。

子猫やシニア猫にオススメは?

子猫やジャンプ力が衰えてきた猫さんには、30〜40cmくらいの小さいタイプがオススメです。

元気な成猫や多頭飼いのお家にオススメは?

元気な猫や数匹の猫さんがいるお家には、大きいサイズのキャットタワーで思いっきり遊んでいただきたいですね。

キャットタワー突っ張りタイプとは?

ツッパリ棒で床と天井を固定して使用するキャットタワーです。

少し前は固定するのにネジやクギを使うものが多く、賃貸のお宅では設置する事が難しい場合がありました。

しかし、最近では壁や床を傷つけなくても設置することができるものも多くあります。

我が家のキャットタワーもネジやクギを使わずに固定できるタイプです。

突っ張りタイプのメリット

  • 天井までの高さがあるので、高い場所が好きな猫も満足できる。
  • スペースを取らない。
  • お部屋に設置しても目立たないものもあり。

デメリット

  • 床と天井に固定するので動かせない。

ちなみに我が家で使用しているキャットタワーはこちら!です。

据え置きタイプより目立ちにくく、お部屋の中で浮いてしまうこともありません。

ハンモックを目線くらいの高さに設置してあるので、中で寝る猫の様子を眺ることができます。

据え置きタイプも突っ張りタイプもこの2点は要チェック!

据え置きタイプ、突っ張りタイプどちらを購入するにも必ずチェックしたい2つのポイントがあります。

次の2点は必ずチェックしてから購入するようにしてくださいね。

①キャットタワーの板の部分は布などが貼ってあるか?

②キャットタワーの板の端の形状は丸くなっているか?

こちらも詳しくご説明しますね。

さわらどん

①キャットタワーの板の部分は布などが貼ってあるか?

キャットタワーの板の部分(猫が乗る部分)に布などが貼っていないと、猫が滑ってしまうことがあります。

興奮してキャットタワーに飛び乗った時に滑ってしまわないように確認してくださいね。

さらに板がそのままになっているものは、冬場には猫の足が冷たくなってしまいますよね。

②キャットタワーの板の端の形状は丸くなっているか?

キャットタワーの板の形も注意してください。

角が四角のままのものは、頭をぶつけた時に怪我をしてしまう恐れもあります。

なるべく板が丸いものや、角が丸く処理されているものを選んでくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

まとめ

猫が心地よい環境で暮らしている場合は、キャットタワーは絶対に必要なアイテムではありません。

猫にとって心地よい環境とは

  • 上下運動ができる。

  • 猫が落ち着ける場所がある。

  • 猫が避難できる場所がある。(隠れ家)

  • 飼い主さんが遊んであげている。  です。

また、キャットタワーが必要な猫さんには、年齢やお家のスペースに合わせたキャットタワーを用意したいですね。

そして、使って欲しいな~と思うキャットタワーが見つかったら最後にもう一度、板の表面と形状のチェックを忘れないでおきたいですね!

【こちらの記事もオススメです。】

こんにちは。 2匹の愛猫とマンションで暮らすnaminiです。 最近は猫と一緒に暮らせるアパートやマンションが増えてきま...
こんにちは。 新しい猫じゃらしをすぐにボロボロにされたnaminiです。 猫様用のおもちゃって種類がいっぱいありますよね。 ...
こんにちは。 猫のおもちゃの定番と言えば猫じゃらしですよね。 しかし、せっかく買ってあげてもなんだか入ってもらえない猫じゃら...
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする