猫用ブラシは100均を愛用中!使い心地やブラッシングの注意点は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まとめ

こんにちは。

猫様の抜け毛対策にブラッシングは欠かせませんよね。

いろんな種類があるペット用ブラシの中で、我が家のニャンズのお気に入りはなんと!
100均のブラシでした。

さすが、飼い主思いの経済的な猫達です!!

今回は、我が家のニャンズお気に入りの100均のブラシの使い心地やブラッシングの方法です。

猫様のブラシどれにしようかな~とお考えの方、一度試してみてくださいね。

スポンサーリンク

コスパ良し!我が家で愛用の100均ブラシはコレ!

我が家で愛用している猫用ブラシはこちらです。

セリアペット用ブラシ、もちろん100円(税抜き)

ブラシ写真

数年前に100均で見つけてダメモトで購入したところ、猫達がものすごく気に入ったという一品です。

これを出して一匹をブラッシングすると、もう一匹もそばに来て順番待ちします。

金属製のスリッカーブラシですが、先端がちゃんと円形にコーティングされています。

力を入れずに優しく使えば猫の皮膚を傷付けることもありません。

2匹のニャンズで週に2回位のブラッシングでかれこれ、2年くらいは使用していますよ。

猫の抜け毛が縁の部分に付いたりしていますが、まだまだ使用できる状態です。

コスパ良しです!

洋服に付くと取るのが大変な猫の毛も、沢山取ってくれて大変満足しています。

顔周りなどの狭いスペースは、ブラシの角の部分を使えばちゃんとブラッシングできますよ。

猫様のブラシの選び方

猫さんのブラシってたくさん種類があって、どれを使って良いのか迷いますよね。

一般的にはこのように分類されています。

獣毛ブラシ ナイロンや豚毛を使用した柔らかいブラシ。 長毛、短毛どちらの猫にも使用出来ます。
ラバーブラシ シリコンなどの素材でできたブラシ。 主に短毛の猫に使用します。
ピンブラシ ブラシ部分の針金が太く、毛先に丸くコーティングされています。 長毛、短毛どちらの猫にも使用出来ます。
スリッカーブラシ 細い針金がたくさん付いていて抜け毛を効果的に取ることが出来ます。 主に長毛猫用です。
コーム 金属で出来た櫛。 長毛の猫の毛玉をほぐしたり、ノミ取りに使用出来ます。

我が家のニャンズの場合は、獣毛ブラシやラバーブラシでのブラッシングは嫌がるので、100均で見かけたこのブラシを購入したところ気に入っていただけました。

ペットショップで店員さんに聞いてみても良いですね。

愛猫さんの好みにあった一本を見つけてくださいね!

スポンサーリンク

猫用ブラシの使い方は?

ブラシを購入したら、猫様が喜ぶように上手に使いたいですよね。

猫のブラッシングのコツはたった1つです

猫の毛の流れにそって力を入れずに、撫でるように優しくブラッシングする。
 
 
 
力を入れずに!優しく♡が重要です。

イメージは子猫を自分の舌を使って優しく毛づくろいする母猫です。

とくに猫様が自分でグルーミング出来ない背中や顔周りは、時間をかけてブラッシングしてあげてくださいね。

ブラッシング

ブラッシング首

どれくらいの頻度でブラッシングするの?

猫様のブラッシングって忙しいとついつい忘れてしまいますよね。

  • 短い毛の猫の場合=週に1〜2回

  • 長い毛の猫の場合=毎日が理想的

を目安にブラッシングしてあげてくださいね!

しかし、抜け毛の多くなる換毛期、春先(3月頃)と秋口(11月頃)は短い毛の猫さんでも、毎日のブラッシングが理想です。

ちゃんとブラッシングすれば洋服などに付くねこの抜け毛は減らすことが出来ますよ。

猫にブラッシングは必要なの?

ブラッシングには抜け毛予防の他にも血行促進ストレス解消リラックスの効果があります。

また、ブラッシングはスキンシップにもなります。

愛猫さんとの信頼関係を築くにも役に立ちますよ。

嫌がる猫さんには手短にさっと行って、徐々に慣れてもらってくださいね。

猫にブラッシングしないとどうなるの?

長い毛の猫さんの場合は、ブラッシングをしないと毛が絡まります。

また、グルーミングの時に自分の毛をたくさん飲み込んでしましい、お腹の中に毛がたまる毛球症という病気になったりもします。

子猫にオススメのブラシは?

歯ブラシ

子猫にブラッシングをする時、成猫用のブラシでは大きすぎますよね。

我が家では、ニャンズが子猫の時は使い古しの歯ブラシでブラッシングしていました。

歯ブラシのヘッド部分のサイズは小さいので、子猫のブラッシングにちょうどよい大きさです。

見た目はちょっと奇妙ですが、我が家のニャンズには大好評でした!

こちらも力を入れずに、母猫になったつもりで優しくブラッシングしてあげてくださいね。

子猫の時からブラッシングを習慣にしておくと、大人になってからもブラッシングが大好きな猫になります。

いきなり歯ブラシを持って近づくと、猫さんもビックリします。

リラックスしている時や寝ている時にそっと試してみてくださいね!

ブラシに溜まった抜け毛のとり方は?

ブラシに溜まった猫の毛ってなかなか取りにくいですよね。

そんな時は、爪楊枝を使ってブラシの端の部分から少しずつ毛を剥がすように取ってください。

簡単に取ることができますよ。

また、取った毛は手で丸めてボール状にしておもちゃとして使うこともできます。

我が家ではこのボールが大好評で、作っている最中に猫達が寄ってきます。

毛を剥がす

ヘアボー

スポンサーリンク

まとめ

猫様用のブラシは100均のものも十分に使えます。

使う時のコツは、

猫の毛の流れに沿って力を入れずに優しく!が基本です。

子猫を舌でグルーミングする母猫のイメージでしてあげてくださいね。

背中や顔周りは猫が自分でグルーミング出来ません。

とくに時間をかけてブラッシングしてあげてくださいね。

また、子猫にブラッシングをする時は使い古した歯ブラシがオススメです。

猫へのブラッシングは抜け毛予防だけでなく、血行促進ストレス解消スキンシップの意味もあります。

なにかと忙しい毎日ですが、時間を作ってブラッシングしてあげてくださいね。

スキンシップにもなります!愛猫さんも喜びますよ。

【こちらの記事もオススメです!】

 こんにちは。猫のしもべ、ナミニです。 うちの猫様達、わたしの膝から降りたとたんズボンやスカートに はげるのではない...
こんにちは。 猫と暮らす時の悩みの一つとして抜け毛の事がありますよね。 雑誌などで猫特集があると、「猫と暮らしていて困る...
お友達が遊びに来て ”わ~っ!このねこちゃん毛並みがツヤツヤで綺麗ねー。”って言われたら めちゃくちゃ嬉しくありませんか? ...
猫さんの毛、撫でると柔らかくて手触りも最高! ツヤツヤで綺麗な毛並み、猫の魅力の一つですよね。 私も大好きです。...