猫の抜け毛の時期はいつ?知っておくべき対策やお掃除の方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク広告




トップ

こんにちは。

猫と暮らす時の悩みの一つとして抜け毛の事がありますよね。

雑誌などで猫特集があると、「猫と暮らしていて困ること」の上位には必ず抜け毛の事が入っています。

そして、1年中それなりに毛が抜けますが、とんでもなく毛が抜ける時期がありますよね。

私も猫と暮らし始めた時はあまりの抜け毛の多さにびっくりしました。

今回は猫の抜け毛の多い時期や、なぜ大量に抜けるのか?

予防策お掃除の方法までご紹介します。

今回参考にしたもの:(株)廣済堂/ねこ検定公式ガイドBOOK

ねこのきもち/(2015年4月号 春から増えがちな病気、トラブル)

スポンサーリンク

猫の抜け毛の時期はいつ?

猫の毛が大量にぬける時期、それは年に2回やって来ます。

春(3~4月頃)秋(10~11月頃)です。

年に2回のこの時期は換毛期(かんもうき)と言われていて、猫が夏や冬を快適に過ごすための準備期間なんです。

それでは、春と秋の換毛期の役割をご紹介しますね。

春の換毛期

・春の換毛期は3月~4月頃です。

・春の陽気や、やってくる暑い夏の準備のために冬毛が大量に抜けます。

秋の換毛期

・秋の換毛期は10~11月頃です。

・苦手な寒い冬に備えて毛が生え代わります。

換毛期はねこ様の衣替えと言ったところですね!

換毛期の抜け毛は大量でお掃除も大変です。

しかし、猫様にとっても夏や冬を快適に過ごすための大事な変化です。

猫様の毛の仕組みを知って、もう少し抜け毛に寛大になりたいですね!

猫の毛の構造

猫の毛の生え方にはシングルコートとダブルコートの2種類があります。

我が家のニャンズ(雑種)や日本に住むほとんどの猫の毛の生え方は、ダブルコートと言われています。

ダブルコートの特徴は、1つの毛穴から上毛と呼ばれるやや太めの毛と、下毛と呼ばれる細い毛が数本生えている事です。

猫の毛

上毛(オーバーコート)とは?

・長くてやや太め。

・身体や皮膚を守る働きをしています。

 

下毛(アンダーコート)とは?

・細くて短め、ふわふわとしている。

・寒さから猫の身体を守る役割をしています。

そして、春と秋の時期(換毛期)に抜ける毛の多くは細くふわふわのアンダーコートの方なんです。

アンダーコートの量を調節することで、猫は暑さや寒さの対策をしています。

ちなみに我が家では、秋よりも冬毛が生え変わる春の換毛期の方が抜け毛は大量です。

春の換毛期は冬の間に猫様を寒さから守ってきた、大量のアンダーコートが生え変わります。

大量に抜けるのも仕方がないですね。

シングルコートとは?

先ほども書いたように、猫の毛の生え方にはシングルコートとダブルコートがあります。

シングルコートとは上毛(オーバーコート)のみの毛の生え方です。

下毛(アンダーコート)がないのでダブルコートの猫に比べて抜け毛が少ないと言われています。

一般的に、暑い地方原産の猫にシングルコートが多いと言われています。

タイが原産のシャム猫や、シンガポールが原産のシンガプーラなどです。

意外なところでは、アメリカ原産で最近人気の大型猫、メインクーンもシングルコートです。

しかし、メインクーンの場合はシングルコートでも毛が長く、体も大型です。

抜け毛の量もそれなりになりますよね。

メインクーン

スポンサーリンク

換毛期に愛猫にしてあげたいこと

猫イラスト

換毛期には、猫さんがグルーミングする時間が長くなります。

そして、飲み込む毛の量も普段より多くなります。

飲み込んだ大量の毛が胃腸に詰まったり、長毛の猫の場合は毛が絡まって毛玉ができてしまったり。

抜け毛の対策が必要になります。

では、猫さんの体にも飼い主さんのお掃除も助かる抜け毛対策を3つご紹介しますね。

①ブラッシング

猫の抜け毛対策の定番ですよね。

換毛期は短毛の猫さんでも、1日に1回のブラッシングしてあげたいですよね。

長毛種の猫さんの場合は朝夕の2回でも。

ブラッシングについては、猫用ブラシは100均を愛用中!使い心地やブラッシングの注意点は?を参考にしてみてください。

②可能ならシャンプーをする。

シャンプーは抜け毛を一気に洗い流せます。

シャンプーを嫌がらない猫さんの抜け毛対策には有効ですよ。

③濡れタオルで全身を拭く。

我が家のようにシャンプーが苦手な猫さんの場合は、

濡らしたタオルで身体を拭いてあげるだけでも抜け毛に効果がありますよ。

ブラッシングが嫌いな猫さんにもお試ししてくださいね。

タオルでの抜け毛の対策方法

用意するもの:お湯で濡らしたタオル

①お湯で濡らしたタオルを絞って、人肌くらいまで冷まします。

そして、猫の体を包み込むように肩から尻尾へ向かって拭いてくださいね。

さばやま0-0

②抜け毛を尻尾の付け根で集めるようにして終了です。

さばやま1−0

暖かいタオルで体を拭いてあげると、猫様の血行促進にもなります。

我が家のニャンズもお気に入りです。ぜひ、一度お試ししてくださいね!

換毛期には水もしっかり飲ませよう!

猫の体内に入った抜け毛は、通常うんちに混ざって体の外に出ます。

飲み水の量を増やすことは、便秘の対策にもなります。

飲み込んだ毛の排出もスムーズになりますよ。

飲み水の管理にも気を配りたいですね。

猫の飲み水については猫が水飲まない!の対策に、我が家で効果アリ!の5つの方法も参考にしてくださいね!

抜け毛の時期の掃除の仕方

猫様の抜け毛の時期に一番悩むのが、お掃除ではないでしょうか?

猫の抜け毛掃除の必需品といえば掃除機コロコロですよね。

しかし、カーペットの奥に入ってしまった抜け毛のお掃除どうしてますか?

我が家ではゴム手袋でカーペットの奥の猫様の抜け毛をお掃除しています。

ここで、我が家で実際にやっているゴム手袋を使った、カーペットのお掃除の方法をご紹介します。

用意するもの:ゴム手袋

ゴム手1−0

ゴム手袋をはめてカーペットを軽くこするだけです。

ゴム手2−1

ゴムの摩擦で、カーペットの奥に入った毛やホコリも大量に取ることができますよ。

掃除機で綺麗にしたつもりのカーペットでも、結構ホコリや猫様の抜け毛が出てびっくりします!

ぜひお試ししてくださいね。

長い時間、カーペットをこするとゴム手袋の指の部分が案外早く破れます。

気合を入れてカーペットのお掃除をしたい時は、予備のゴム手袋も用意してください。

まとめ

まとめ

猫の抜け毛が大量に発生する時期(換毛期)は年に2回やって来ます。

春(3~4月頃)と秋(10~11月頃)です。

換毛期は、猫様が夏や冬に備えるための大事な衣替えの期間です。

しかし、換毛期には猫が抜け毛を飲み込む量も多くなります。

飲み込んだ毛が胃腸に詰まったり、抜け毛が原因のトラブルも多くなりがちです。

トラブルを防ぐにはブラッシングやシャンプー、タオルで猫の体を拭くなどが効果的です。

また、通常抜け毛は、うんちと一緒に排出されます。

お通じをよくするためにも、飲水量も減らさないようにしたいですね。

猫の抜け毛はお掃除も大変ですよね。

しかし、換毛期は猫が夏や冬を快適に過ごすための工夫です。

お互いが心地良くこの時期を過ごせるように、飼い主さんも協力して乗り切りたいですね!

【こちらの記事も参考にどうぞ!】

洗濯で猫の毛対策に!コレ良いかも!ペットの布製品専用柔軟剤

猫の抜け毛がひどい!病気なの?どうにかしたい。理由と対策

猫の飲み水は水道水?ミネラルウォーター?浄水器?どれがいいの

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする