猫のトイレのにおい対策は、複数の組み合わせで効果倍増!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫トイレイラスト

こんにちは。

外出先から帰ってきて玄関を開けた途端、

”猫のトイレのにおいがこもってる~。臭いわ~。”

っと思ったことありますよね。

来客の時も、”うちってくさいと思われたらどうしよう!なんとかしなきゃ!!”っと焦りますよね。

猫のトイレのにおい対策は、1つだけでは効果も弱いものです。

しかし、複数の対策を組み合わせれば、猫も飼い主さんも今より快適に過ごすことができます。

今回は、いろいろと試した結果、
我が家で効果のあった猫のトイレのにおい対策をご紹介します。

すぐに出来るものばかりなので、実践してみてくださいね!

スポンサーリンク

我が家で効果のあった猫のトイレのにおい対策5つ

我が家で猫のトイレのにおい対策に効果があったのはこの5つです。

①換気できる場所にトイレを置く。

②消臭効果のある猫砂を使う。

③トイレ本体を掃除する。

④トイレ周りを掃除する。

⑤消臭剤を置く。

それでは、1つずつご紹介していきますね。

①換気できる場所にトイレを置く。

換気扇

外出先から帰ってきて、猫のトイレのにおいが気になるのは、臭いがこもってしまうからですよね。

我が家では、洗面所に猫のトイレを置いています。

そこで、対策に外出している間は、隣のお風呂場の換気扇をつけておくようにしました。

しかし、換気扇を付けるとなると気になるのは電気代ですよね。

そこで、電気料金についても確認しました。

トイレやお風呂、台所の換気扇を24時間1ヶ月間つけたままにした場合の電気料金はこのようになっていますよ。

換気扇24時間つけたままの電気料金

トイレ(3W) 約58円/月
お風呂(20W) 約390/月
台所(レンジフードタイプ弱)約30W 約600円/月

※全国家庭電気製品公正取引協議会で定めている 1kWh単価 27.0円で計算。

換気扇の電気料金、思ったよりもお安めでした。

お風呂場の換気扇の電気料金はが、1ヶ月つけっ放しで約390円です。

どこかでコーヒーを飲む代わりに、マイボトルでお茶を飲めばこれくらいは節約できそうですよね!

【トイレの置き場所についてはこちらの記事でも!】

猫のトイレの場所、マンションではここがベスト!オススメ!!

②消臭効果のある猫砂を使う。

ペット用品の売り場に行けば、消臭効果のある猫砂がたくさん販売されていますよね。

消臭効果の高い猫砂を使えば、臭いを抑えることができます。

我が家も色々と試してみて、消臭効果があり、粒が大きくて飛び散りにくい猫砂を使用しています。

【猫砂については、こちらもご参考にしてください。】

猫砂のおすすめは? 固まる、流せる、我が家のベストセラーはコレ

猫砂は1ヶ月から1ヶ月半くらいで総入れ替えを!

猫のトイレのにおい対策には、定期的な猫砂の総入れ替えも必要です。

いくら消臭効果が高い猫砂を使っていても、猫が何度も使用すれば効果が低くなってきます。

猫砂は、1ヶ月から1ヶ月半で全てを入れ替えるのが理想的と言われています。

猫砂を総入れ替えしたトイレは、パリッとしていて、猫たちも満足そうに利用してくれます。

猫砂の効果を長続きさせるコツ

1ヶ月から1ヶ月半で総入れ替えが理想的と言われる猫砂ですが、効果を長持ちさせるコツがありますよ。

天気の良い日に、ベランダやお庭で猫砂を日光に当ててください。

猫砂が乾いて、ほのかに付いていた嫌なにおいも取れます。

天気が悪くてトイレをなかなか外に干せない場合は、クエン酸スプレーも効果があります。

猫のうんちやおしっこを取った後にシュシュっとするだけで、トイレに残ったの臭いを抑えることができますよ。

簡単!クエン酸スプレーの作り方

スプレー容器に水250CCを入れ、その中にクエン酸(約大さじ半分)を入れて溶かす。

私は、こちらのクエン酸でスプレーを作っています。

よかったら、ご参考にしてくださいね。

③トイレ本体を掃除する。

猫砂を総入れ替えする時にトイレ本体を掃除することで、より猫のトイレの臭い対策にもなります。

猫のトイレの洗い方ご紹介しますね。

①猫のトイレをつけおき洗いする

お風呂場などで猫のトイレ容器に水を張り、規定量の塩素系漂白剤を入れます。

30分ほど漬け置きしてください。(この時、猫の誤飲に注意してくださいね。)

猫の尿の成分は結晶化します。まず、漬け置きして汚れを取りやすくしてください。

      ↓

②中性洗剤を使って、柔らかいスポンジでこすり汚れを落とします。

トイレの容器に傷が付くと、そこから雑菌が入ってしまいます。

柔らかいスポンジを使うようにしてくださいね。

④トイレ周りを掃除する。

掃除

トイレ本体を洗う時に、トイレの周りをお掃除することで、壁や床に着いた汚れから出る臭いを抑えることができます。

この時も、先ほどご紹介したクエン酸スプレーを床や壁にスプレーしてふき取ると効果的ですよ。

猫のトイレの下にマットを敷いている方もいると思います。(我が家もです)

マットも定期的にベランダに干してくださいね。

⑤消臭剤を置く。

猫のトイレ近くに消臭剤を置くのも効果的です。

ここで気をつけたいのは、猫は臭いに敏感ということです。

香りのする芳香剤ではなく、臭いを取る消臭剤がオススメです。

我が家も少し前から、猫のトイレの近くに消臭剤を置いています。

かなり臭いニャンズのうんちの匂いの広がりも解消された気がしますよ。

無香タイプの消臭剤なら、においに敏感な猫が気にもならず、トイレに置くのも安心ですよね。

我が家のニャンズは消臭剤を置いても、気にせずトイレを使用してくれています。

ちなみに消臭剤はこちらを置いています。

猫様のトイレ!今はこんな感じになっています。

トイレ0

トイレ00

スポンサーリンク

猫のうんちやおしっこはなぜ臭いの?

猫のうんちやおしっこの臭いは強烈ですよね。

おしっこはまだ猫砂に吸収されて臭いはやわらぎますが、うんちは本当に強烈です。

ちょっと心配になって数人の猫友さんに確認しましたが、やはりみんな臭いようです。(ちょっと安心したりして。)

実は、猫のうんちやおしっこが臭いのには理由がありました。

猫はもともと水の少ない砂漠に住んでいました。

そのため、あまり水を飲みません。

猫の体はおしっこを凝縮して出す仕組みになっていて臭いも強くなります。

さらに肉食動物なので、タンパク質を多く摂取しています。

我が家のニャンズのキャットフードにも、タンパク質が多く含まれています。

カリカリ0

うんちの匂いの原因は、このタンパク質が分解される時にできる物質です。

タンパク質の多い食事を取る以上、臭いのはしょうがないことなんですね。

猫と暮らす以上、トイレ臭いとは上手に付き合っていくしかないんです。

うんちに砂をかけない猫もいます!

猫って自分の居場所を隠すためにトイレの後は砂をかけて、臭いや痕跡を消しますよね。

しかし!中には砂をかけない猫もいるんです

どんな猫だと思いますか?

それは、自分に自信のある猫です。

そして、まさに我が家がそのパターンなんです。

喧嘩が強く、来客が来ても逃げない気が大きい猫の方は、自分のうんちに砂をかけません。

当然、臭いも強烈です。

在宅の場合はすぐに処理をしますが(鼻と口にハンカチを当てて!)、外出時の場合は換気扇と消臭剤で対策をとっています。

この対策で、以前よりは帰宅時の臭いが減りましたよ。

まとめ

トップ0

猫のトイレのにおい対策は1つでは効果があまりありません。

複数を組み合わせることで、より効果的になります。

我が家で実践している対策は5つです。

①換気できる場所にトイレを置く。

②消臭効果のある猫砂を使う。

③トイレ本体を掃除する。

④トイレ周りを掃除する。

⑤消臭剤を置く。

猫砂の交換やトイレの掃除はにおい対策になりますが、愛猫の健康にもつながります。

今回ご紹介したにおい対策を取り入れて、飼い主さんも猫も満足するトイレ環境を目指したいですね!

それでは、愛猫さんと飼い主さんが、お互いに今よりもっと暮らしやすくなりますように!

【こちらの記事も参考にどうぞ!】

猫が粗相した布団の洗い方!綺麗にしてから予防や理由を考えよう。

猫のトイレの砂の飛び散り対策に、たった4つの事を見直そう!

猫のトイレ掃除の仕方。これで完璧、満足、大喜び!!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする