キャットフードの保存方法は?美味しく食べてもらうためにできること

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

トップ

こんにちは。

猫様のキャットフードの保存方法どうされてますか?

最近フードの食いつきがイマイチな気がする。なんて事ありませんか?

もしかしたら、フードが湿気って美味しく無いのかもしれませんよ。

開けたてのキャットフードは独特の匂いも広がり、猫も勢い良く食べてくれますよね。

しかし、時間が経てば空気に触れ、湿気って風味も落ちて猫様の食いつきも悪くなります。

毎日湿気ったフード・・・って、そりゃ、猫様も気の毒ですよね。

かわいい愛猫さんにはいつも美味しくごはんを食べて元気でいて欲しいものです。

今回は猫様にいつも開けたてフレッシュなキャットフードを食べてもらうために、

キャットフードの保存方法をご紹介します。

今回参考にしたもの:ベネッセ ねこのきもち2015年1月号 フード保管の仕方

スポンサーリンク

キャットフードの保存方法

キャットフードにはドライタイプウェットタイプがあります。

それぞれに保存方法が違います。

ドライとウェットのタイプ別にご紹介しますね。

ドライフードの保存方法

乾燥したドライタイプのキャットフードは、空気中の水分を吸収しやすいと言われています。

一度開封すると湿気りやすくなり、風味もだんだんと落ちていきます。

そのため、できるだけ空気に触れないようにする工夫が大切です。

【ドライタイプのキャットフードの保存方法】

用意するもの:密閉容器、密閉袋、乾燥剤

タッパー

ドライタイプのキャットフードの保存方法

①キャットフードを開ける。

②2~3日分の量を別にして、密閉袋に入れる。

フード2,3日分

③残ったフードの中の空気を抜き、テープでしっかりと止める。

④密閉容器に乾燥剤と一緒に入れる。

タッパーのこりのカリカリ

※2~3日のドライフードを入れる密閉袋も定期的に洗ったり、新しいものと交換するようにしてくださいね。

とにかく、少しでも空気に触れる時間を無くすのがポイントです。

密閉容器に入らないような大袋の場合は、袋に乾燥剤を入れて空気を抜き、テープなどで密閉してくださいね。

ウエットフードの保存方法は?

ウエットフードは水分を多く含んでいるので傷みやすいです。

2、3回に分けて与える場合は、タッパーなどの保存容器で保存するようにしてくださいね。

ウエットフードの保存方法

①開封した残りを密閉容器に移す。

ウエットフード

②冷蔵庫へ

③与える10分前くらいに冷蔵庫から出して常温にもどして与える。

我が家の場合は、この時にお湯を少し足して人肌くらいの暖かさにしています。

スポンサーリンク

キャットフードの保存場所はどこがいいの?

収納

キャットフードを保存するのに適した場所の条件は2つあります。

・温度が一定の場所。

直射日光が当たらない場所。

です。

我が家では、台所にあるドア付きの食料棚に保管しています。

猫の手が届く場所に保管する場合は、いたずらして食べられないように扉にストッパーを付けるなどの工夫もしたいですね。

冷蔵庫への保存はOKなの?

猫様のドライフード、冷蔵庫に保存すれば新鮮で長持ちしそうですよね。

しかし、冷蔵庫で冷えたドライフードが常温に戻る時に結露が発生してしまいます。

逆に湿気てしまいます。

ドライフードは冷蔵庫には入れないようにしてくださいね!

キャットフードの賞味期限は?

キャットフードの賞味期限はこのようになっています。

ドライタイプ (開封前)約1年半
(開封後)約1ヶ月
ウエットタイプ (開封前)缶詰3年、レトルトパック2年
(開封後)冷蔵保存で3日以内

ドライタイプのキャットフードは見た目は変わらなくても、時間がたては風味や味は落ちます。

愛猫さんにおいしいごはんを食べてもらうためにも、封を開けたら1ヶ月程度で使い切るようにしたいですね。

また、ごはんの食いつきを良くするための煮干しや鰹節などのトッピングも風味の良い状態で食べていただけるよう、約1ヶ月で使いたいですね。

おやつ

ウエットフードの場合は開封したら冷蔵庫で保管して、3日以内に使い切るようにしてください。

フードが痛むとどうなるの?

ドライフードは悪くなっても、見た目はあまり変わりません。

しかし、湿気が多い所で保管すればカビが生えることもあります。

穀類が多く使われている場合は、害虫が付くこともあります。

ウエットフードは水分が多いので、時間がたてば雑菌が繁殖し匂いや色が変わります。

万が一、猫が食べてしまうと体調を悪くする場合があります。

まとめ

まとめ0

開封したキャットフードは時間がたてば、湿気って味も匂いも悪くなってしまいます。

いつも新鮮で美味しいキャットフードを食べて頂くためには、空気に触れる回数を少なくすることが大事です。

ドライタイプのキャットフードは、必ず密閉できる用器や袋に入れてください。

そして、温度変化の少なく、直茶日光の当たらない場所で保管するようにしてください。

開封後は1ヶ月程度で使い切るようにしてくださいね。

さらに、冷蔵庫での保管はNGです。

ウェットタイプのキャットフードは、残った量を密閉容器に入れて、冷蔵庫で保管してください。

開封後のウェットタイプのキャットフードの賞味期限は冷蔵庫での保存で3日です。

猫にとっても食べることは楽しみの1つです。

愛猫さんに毎日美味しくごはんを食べてもらうためにも、フードの保管はきちんと知っておきたいですね。

それでは、皆様の愛猫さんが美味しいごはんを食べられますように!!

【こちらの記事もあわせてどうぞ!】

猫が吐く。餌がそのまま出てきた時は危険?病院は?原因はなに?

猫には玉ねぎの匂いだけでも危険なの?

猫のさんま食べたいアピールが凄いんですけど、与えても大丈夫??

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする