猫と新幹線に乗る。キャリーのオススメや知っておくべきマナー




Standard-RGB

 

こんにちは。

 

引っ越しや帰省などで、猫を連れて新幹線に乗らなきゃいけない。そんな事もありますよね。

 

猫も新幹線に乗ることができます。

だたし、キャリーに入れた状態で手回り品として280円の運賃がかかります。

 

でも、

どんなキャリーがいいの?

キャリーはどこに置いたらいいの?

猫が新幹線の車内で鳴きだしたらどうしたらいいの?

 

持ち物や、車内のマナーに疑問が次から次に出てきて不安になりますよね。

 

 

新幹線は沢山の人が利用します。

他の乗客さんの迷惑にならないよう、疑問は乗る前に解決しておきたいですよね。

 

そこで、猫と新幹線に乗る時のオススメのキャリー座席の場所車内のマナーなど、をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

猫は新幹線に乗ることが出来ます

 

猫はキャリーに入れた状態であれば、手回り品として新幹線に乗せる事ができます。

料金は280円です。

 

ただし

キャリーの大きさが長さ70cm以内で、タテ・ヨコ・高さの合計が90cm程度。

重さが10kg以内のもの。

 

という規定があります。

切符は新幹線に乗る時に、駅の窓口で購入することができます。

 

こちらよりご確認くださいね!
↓ ↓ ↓

https://www.jreast.co.jp/kippu/20.html

※全てのJRさんで大きさの規定や料金は同じです。

 

 

猫と新幹線に乗る時にオススメのキャリーはハードタイプ?ソフトタイプ?

 

猫のキャリーはいろいろあります。

新幹線に猫を乗せる時にどんなキャリーが良いのか?悩みますよね。

 

もし、新幹線の移動用にキャリーの購入をご検討なら、ハードタイプのキャリーがオススメです。

 

ハードタイプのキャリーがオススメの理由は2つ

 

 

①丈夫で猫様も安全。

 

多くの人が利用する駅では、人や物にぶつかることもありますよね。

そんな時もハードタイプのキャリーなら、中にいる猫様を守ることができます。

 

 

②粗相や嘔吐の掃除がラク♪

 

猫がキャリーの中で粗相や嘔吐をした場合のお掃除がラクです。

布製で染みちゃうとちょっと大変ですよね。

 

また、キャリーケースの大きさは、猫が中で方向転換ができるくらいの大きさがベストです。

入り口が横と上についているのものは、猫を入れやすく便利ですよ~。

 

 

キャリーは旅仕様でより快適に!

キャリー0

 

キャリーの用意ができたら、次はキャリーを旅仕様にしましょう。

 

まず、キャリーの底にペットーシーツを敷きます。

粗相してもこれで安心です。

 

次に、ペットシーツの上にお気に入りの毛布やタオルを敷いてください。

 

愛猫さんがいつも遊んでいるおもちゃも一緒にいれてくださいね。

自分の匂いが付いたものに囲まれると、猫が安心できます。

 

 

いざという時に役に立つ!用意しておきたい持ち物は?

 

いつなにが起こるか分からない猫様との新幹線での移動です。

 

いざという時の為に用意しておくと便利なものをリストアップしました。

 

ハーネス、リード

万が一に備えて、キャリーケースの中でもハーネスとリードの装着が望ましいです。

おもちゃ

お気に入りのおもちゃで落ち着くことが出来ます。

ゴミ袋

粗相や嘔吐した時の為に。

ティッシュ

こちらも粗相や嘔吐のお掃除用に。

ビニール、ゴム手袋

こちらも粗相や嘔吐のお掃除に必要ですね。

ペット用消臭剤

粗相などの臭い消しに。

毛布やタオル

いつも使っているものがベストです。目隠しに使います。

トイレシート

キャリーの下に敷きます。

換えも持っていきたいですね。

水とスポイト

長時間の移動はキャリーの隙間から水の入ったスポイトでお水を与えます。

ペット用のお水か軟水を用意してください。

スポイトは獣医さんやペットショップで購入できますよ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

新幹線の席は通路側or窓側?どこがいいの?

新幹線車内

 

新幹線に猫と乗る場合は、どの席に座ったら良いかも悩むところですよね。

 

車両の真ん中辺りの席で、急に猫様が「ニャー!!」っと大声で鳴き出しても焦ります。

 

そんな時にも焦らないために!

オススメの席は、トイレに近い車両の最前列!

しかも窓側の席です。

 

新幹線の車両の最前列は、他の席より足元のスペースが広めになっています。

キャリーも余裕をもって置くことができますよ。

 

トイレに近い車両の最前列なら、粗相や嘔吐をした時もすぐにトイレに行けます。

 

そんなお得な最前列ですが、通路側は人の通りが多く猫が落ち着けません。

通路側ではなく、猫様が落ち着ける窓側に乗るようにしてくださいね。

 

指定席を利用する際にも、この席を予約しておきたいですね。

 

 

知っておきたい新幹線内でのマナー

 

人が多く集まる新幹線の中では、やはりマナーにも気を付けたいですよね。

車内でのマナーをご紹介しますね。

 

キャリーの置き場所は?

 

新幹線の中では食事をする方もいます。

 

新幹線の中で猫様の入ったキャリーは、足元に置くのが基本です。

しかし、隣の席に人がいない場合は、膝の上に抱えてもマナー違反にはなりません。

 

 

猫がひどく鳴く場合はどうしたら良いの?

 

猫が激しく鳴く場合は、周りに迷惑がかからないようデッキへ移動したいですね。

デッキの隅の方で、猫が鳴き止むのを待ってくださいね。

 

 

嘔吐や粗相をした場合は?

 

猫が嘔吐や粗相をした場合は、臭いで他の乗客さんに迷惑をかけてしまいます。

気付いたらすぐにトイレに行って、キャリーの中をお掃除するようにしたいですね。

 

また、胃の中に食べ物があると吐きやすいです。

猫のご飯は、新幹線に乗る4〜5時間前には済ませておきたいですね。

 

 

まとめ

まとめ0

 

猫はキャリーに入った状態であれば、新幹線に乗せることができます。

手回り品として280円の運賃がかかります。

 

猫を運ぶためのキャリーは、丈夫で掃除もラクなハードタイプがオススメです。

 

新幹線の車内では、キャリーを置く場所は足元が基本です。

しかし、隣に人がいない場合は膝の上にキャリーを乗せることもできますよ。

 

また、新幹線に猫と乗る時のベストな座席は、トイレに近い車両の最前列の窓側です。

指定席を利用して新幹線に乗る時はこちらの席を予約したいですね。

 

 

新幹線での移動は猫にも負担がかかります。

また、他の乗客の方にも気を使います。

 

ドキドキがいっぱいで、不安になってしまいますよね。

 

しかし、マナーを知って準備や対策をきちんと考えれば不安も少なくなります。

新幹線のなかで不安な愛猫さんに安心を与えることもできますよね!

 

この記事がそのお役にたてれば幸いです。

 

 

【こちらの記事も参考にどうぞ!!】

猫との車移動、キャリーの一番安全な置き場所は?快適道中の作り方

猫と病院へ初めて行く。費用、持ち物、手段は?これでスッキリ解決

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)