子猫にドライフードはいつからOK?知っておきたい選び方や注意点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク広告




トップ

こんにちは!

子猫にいつからドライフードを与えてもいいのでしょうか?

どうやってあげたら良いのでしょか?

元気ですくすくと育って欲しいから、

・ごはんの切り替えは本当にこの方法でいいの?

・ちゃんと食べてくれるかな?

いろいろ考えてドキドキしますよね!

今回は、子猫の離乳食をドライフードへ切り替える時期や方法をご紹介します。

今回参考にしたもの:㈱学研パブリッシング/かわいい子猫を育てる本

スポンサーリンク

子猫にドライフードはいつからOK?

猫は生後6週間を過ぎれば乳歯がはえそろいます。

なので、生後6週間を超えればドライフードを与えることが出来ます。

しかし、昨日まで柔らかい離乳食を食べていた子猫にいきなりドライフードをあたえるとびっくりしてしまいます。

お友達の猫の中には便秘になってしまった猫もいるんです。

子猫のご飯をドライフードに切り替える時は、体調を考えて生後6週間の頃から約2週間かけて徐々に慣らしていくのがオススメです。

我が家のニャンズが2週間をかけて離乳食からドライフードへ切り替えた時のスケジュールをご紹介します。

よかったらご参考にしてくださいね。

【離乳食を卒業!2週間スケジュール】

1日目~5日目 ドライフードをふやかす。
6日目~9日目

ドライフードを固めにふやかして、
その上にドライフードを2・3粒トッピング

10日目~14日目 固めにふやかしたドライフード半分、
そのままのドライフード半分をわけて与える。
15日目~ ドライフードのみに切り替え。

また、うちの猫は生まれて6週間たっているか分からない?という方は、
生後6週間の子猫の平均的な大きさをご紹介します。

こちらも参考にしてくださいね。↓↓↓

子猫6週目大きさ

ドライフードのふやかし方についてもご紹介しますね。

【子猫用ドライフードのふやかし方】

ふやかし方

ドライフードを与える時の注意点は?

子猫にドライフードを与える時に注意したいことは2つあります。

①ドライフードは1日分を2〜3回に分けてあげる。

子猫は大人の猫よりも胃もまだ小さいので、1度に沢山食べることができません。

1日分のドライフードを2~3回に分けて与えるようにしてください。

1日分のドライフードの量はパッケージに表示されていますよ。

子猫フード0

毎回ドライフードをふやかすのって結構大変なんですよね!

猫様も待たせてしまいます。激しい催促もあります。

そんな方の為に、時短の方法ご紹介しますね。

①時間のある時に1日分のドライフードを全てふやかす。

② ①を冷ましててタッパーに入れて冷蔵庫で保存する。

③1食分をお皿に取って、10秒ほどレンジでチン!

④温度が人肌になっているか?確認をして猫様へ。

注意)ドライフードをふやかすと日持ちが悪くなります。

ふやかしたドライフードは冷蔵庫で保管して1日で使い切るようにしてくださいね。

②食べやすい容器に入れる。

ご飯を与える時のお皿も重要です。

猫がご飯を食べやすいのはこんなお皿です。

・程よい重さがあってご飯を食べている時も動かないもの。

・深すぎないもの。

・ヒゲが当たらない口が広めのもの。

浅めで、素材は臭いのつきにくい陶製を選んであげてくださいね。

スポンサーリンク

ドライフードの選び方

悩む

キャットフードの売り場にはいろんなフードが並んでいます。

どれを選んだらいいのかも悩みますよね。

ここでも気を付けたいポイントは2つです。

①必ず子猫用総合栄養食と書かれたものを!

ぐんぐん成長する子猫は、大人の猫に比べて約3倍のカロリーが必要と言われています。

子猫用のご飯には子猫に必要な栄養素が入っています。

また食べやすいように大きさも小粒になっていますよ。

必ず子猫用の総合栄養食を選ぶようにしてくださいね!

②いきなり大袋での購入は危険です。

飼い主がいろいろと悩みに悩んで購入しても、気に入らないものは食べてはくれないのが猫様です。

大袋で購入したドライフードが気に入られなかった時は悲惨です。

何度も失敗してしまった我が家では、新しいドライフードを試す時は一番小さいパッケージを買うようにしています。

まずは小さいサイズでのお試し!重要です。

この方が食べてくれない時のダメージが少なくて済みます。

ちなみに、我が家のニャンズが愛用していたのはこちらです。

よろしければ参考にしてくださいね。

まとめ

まとめ

猫に乳歯が生えそろう生後6週間くらいからドライフードを与えることはできます。

しかし、今まで柔らかい離乳食を食べていた猫にいきなり固いドライフードは食べにくく、体調を崩してしまうこともあります。

最初はぬるま湯でふやかしたドライフードを与えて、2週間くらいかけて徐々に慣らしていくようにしてください。

よければ、我が家の上にある我が家のスケジュールも参考にしてください。

また、子猫の成長には大人の猫の3倍のカロリーが必要と言われています。

すくすくと元気に大きくなってもらうためにも、必ず子猫用の総合栄養食をあげるようにしてくださいね。

また、猫様の場合はせっかく買ったドライフードが気に入らず、食べていただけない場合もあります。

新しいドライフードを買う時はまず、小さな袋でお試ししてくださいね!

我が家のドライフードへの切り替え方法が、愛猫さんの元気な成長の参考になれば幸いです。

【こちらの記事も参考にどうぞ!】

キャットフードの保存方法は?美味しく食べてもらうためにできること

猫が落ち着く年齢は?うちの猫いつになったら大人しくなるの?

猫砂のおすすめは? 固まる、流せる、我が家のベストセラーはコレ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする