猫2匹目の迎え方。注意することは2つ。我が家の実録もご紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク広告




二匹

こんにちは。

2匹の愛猫のしもべnaminiです。

我が家では猫を飼い始めて1年くらい経った頃に、2匹目に来ていただきました。

(生後2ヶ月くらいの仔猫。)

鯖山0

当時、飼い主さんがうまくやらないと、猫は他の猫を受け入れない場合もある!

っと聞いていたので、猫の迎え方をそりゃーもういろいろと調べまくりました。

それが良かったのか? 今では2匹仲良く暮らしてくれています。

一緒に寝ている姿なんか最高の癒やしです。

本当にありがたい!

今回は私が実践した2匹目の猫の迎え方や、その時に注意したことをまとめました。

そろそろ2匹目を迎えたいな~。っとお考えの方の参考になれば嬉しいです。

それでは、どうぞ。

参考にしたもの/ 学研パブリッシング(かわいい仔猫を育てる本)

スポンサーリンク

2匹目の猫を迎える時の注意点は?

新しく猫様を迎える時に特に注意したいことは2つ。

①初日にご対面はNG。

②なにごとも先住猫を優先させる。

これ、本当にすごーく大切です。

それぞれ詳しくご説明しますね。

①初日にご対面はNG

猫は自分の縄張りが大事。

今まで自分だけで生きてきたテリトリーにいきなり見ず知らずの猫が来れば、
大事な縄張りを見ず知らずのヤツに荒らされた!と思ってしまいます。

第一印象悪し! です。

2匹には早く仲良くなってもらいたいですよね。

けれども初日にいきなりのご対面はやめておきましょう。

猫同士が仲良くなるのは、だいたい1週間の時間がかかるといわれています。

焦らず時間をかけて仲良くなってもらいましょう!

我が家の1週間は後ほど詳しくご説明しています。

②なにごとも先住猫を優先する。

2匹目の猫を迎える時って仔猫が多いですよね。

我が家もそうでした。

仔猫って本当に可愛くて、よく遊ぶし一緒にいてキュンキュンします。

つい、いっぱい遊んでしまいますよね。

しかし、これも先住猫さんにはおもしろくないんです。

先住猫さんにとって飼い主さんは大好きな人。

その人が自分よりも後から来た猫とたくさん遊んだり、先にご飯をあげたりしたら気分も悪くなってしまいます。

なんだよ!あいつばっかり!! うぜぇ。ってなります。

2匹目の猫さんを迎えたら、今まで以上に先にいた猫さんの気持ちを考えること大事です。

我が家では2匹目を迎えて約3年たった今でも、ご飯の時に名前を呼ぶのも先住猫から。

ブラッシングも先住猫からするようにしています。

先住猫への気配りで一家が丸くおさまります。

スポンサーリンク

2匹目の迎え方。仲良くなるまでの我が家の5ステップ

5

では実際に、我が家の猫が仲良くなるまでの道のりをご紹介しますね。

①初日 病院で診察を受けた仔猫を引き取ってお家へ。

先住猫が爆睡する午後2時ころに、仔猫をキャリーケースに入れて連れて帰ってくる。

そのまま玄関に1番近い部屋に仔猫を入れる。

(ケージや仔猫に必要な物はあらかじめセッティンしてありました。)

※仔猫に必要なものはのちほど詳しくご紹介しています。

間取り

夜も仔猫のいる部屋に様子を見に行ったり遊びに行ったり。

先住猫は飼い主の服に付いた仔猫の匂いや気配から、すでに何かがいる!っといういつもより落ち着かない様子。

さわらどんびっくり0

②2日目~3日目 まだそれぞれ別の部屋で隔離状態。

先住猫の隙きを狙って、仔猫の部屋へ通う神経を使う日々。

仔猫もよく遊ぶようになってくれて、部屋に行いくと嬉しそう💕

しかし、3日目くらいから強烈な部屋の外に出たいアピールが始まる。(めちゃくちゃ大声で鳴く。)

意外と気の強い猫だったことが判明(汗)

先住猫は仔猫の部屋の前まで、様子を伺いに来るように。

③4日目 仔猫が隔離部屋から出てしまう!

部屋から出たいと強烈アピールをしていた仔猫。

4日目に私の隙きをついて部屋から出てしまいました。

で、廊下にいた先住猫とご対面!!

先住猫にシャー!!! っと威嚇されて、 ”このおばさんこわーい。っというような感じで部屋に戻る。

先住猫は落ち着かない様子で、廊下から仔猫のいる部屋を監視。

警備を強化

④5~7日目 正式に先住猫と仔猫がご対面。

5日目に仔猫をケージに入れたままにして、隔離部屋のドアを開けて先住猫の出入りを自由に。

最初は近づいて威嚇をしていた先住猫も、だんだん落ち着いてくる。

夜はまた隔離状態。

7日目くらいには威嚇もしなくなったので、仔猫をケージから出して自由に。

⑤8日目~ ケージを撤去。リビングで2匹生活が始まる。

この頃には子猫用のケージを撤去して、仔猫の生活場所を先住猫と同じリビングに。

トイレや水飲み場も共同で使ってくれるように。

仔猫が怖いもの知らずでぐんぐん先住猫にアピール。

後ろを付いて行ったり、ちょっかいを出したり。

先住猫はウザがってはいるけど攻撃は無し。

10日目くらいには気がつけば2匹が一緒に寝ている姿も見れるようになりました。

↓ すっかり母猫扱いを受ける先住猫。出ないのにおっぱい吸われたりしてました。
 

二匹寝る

猫同士が仲良くしてもらには1週間くらいの時間がかかると言われています。

飼い主としてはすぐにくっついて寝る姿や遊ぶ姿を見たいですよね。

しかし、ここを急いでしまえばずっと仲良くなってもらえないかもしれません。

猫のペースに合わせて様子を見守りたいですよね。

スポンサーリンク

2匹目をお迎えするのに準備したいものは?

2匹目を迎えるために準備しておきたいものまとめました。

・ケージ

・お水のお皿

・ごはんのお皿

・トイレ

・おもちゃ

2匹が仲良くなってからも、ごはんのお皿はそれぞれあった方が食べやすいですよね。

トイレの数の基本は猫の数+1個です。

猫が2匹になればトイレは3つ用意してあげたいですね。

我が家では3つのトイレを共同で使っています。

おもちゃも共同です。

こんな猫の組み合わせは要注意

注意

いくら飼い主さんが気を使いまくっても、猫には仲良くなりにくい組み合わせがあるんです。

注意が必要な組み合わせはこちらの2つ。

先住猫  新入り猫  
シニア猫(7歳以上) 仔猫 体力が衰えているシニア猫に、元気いっぱの仔猫はストレスになることも。
成猫オス  成猫オス 縄張り意識が強いので室内飼いでは難しい。

2匹目の猫が仔猫の場合は、性別に関係なく仲良くなる場合が多いと言われています。

しかし、先住猫がシニア猫の場合は注意が必要ですね。

また、先住猫が1歳くらいだと若いので、2匹目の受け入れもスムーズと言われています。

ちなみに我が家は、先住猫が1歳2ヶ月の時(メス)に2ヶ月(メス)を迎えました。

猫同士がどうしても仲良くなれない場合は?

残念なことに猫同士がどうしても仲良くなれない場合は、住み分けを考えることも。

友人のお家では猫同士の仲が悪く(オス同士)1階と2階で住み分けているそうです。

ちょっと悲しい気もしますよね。

2匹目をお友達から譲り受けたりする場合は、トライアル期間(お試し期間)などを作ってもらうと安心ですね。

最近では猫カフェなどで里親募集の猫さんでも、トライアル期間が設けられていることもありますよ。

まとめ

まとめ

2匹の猫とのもふもふ生活、憧れますよね。

しかし、今まで1匹で暮らしてきた縄張りに他の猫が入って来ることは、猫にとって大!大!大事件です。

ここは十分な注意が必要です。

2匹目の猫の迎え方で注意したいことは、

・初日のご対面はNG。

・なにごとも先住猫を優先する。

先住猫の気持ちを考えて、時間をかけて慣れていただくようにしたいですね。

また、どうしても仲良くなれなかった時のために、

・住み分けできるスペースがあるか?

・トライアル期間があるか?

の確認も必要ですね。

1匹でも可愛い猫様との生活、2匹になれば癒やしも半端ありません

この記事が楽しい2匹との猫生活を送るヒントになれば幸いです。

こちらの記事も参考にしてくださいね。

猫を二匹飼うメリット!とコツ。二匹と暮せばもっと猫が好きになる

猫を飼うのは大変なこと!費用やお世話についてリアルにお話します

子猫にドライフードはいつからOK?知っておきたい選び方や注意点」

猫の柄で性格に違いはあるの?特徴や気を付けたいことは?

スポンサーリンク

関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする