猫のブラッシングで白いフケ?発見!これ何? 正体から原因まで!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

猫フケ

こんにちは。

先日ニャンズをブラッシングしていたら尻尾の付け根当たりに白い小さな固まりを見つけました。

そんなに大量ではありませんが、ちょっと気になりました。

愛猫家のみなさんも猫ちゃんをブラッシングしていると背中あたりにやたらと白い小さな粉のようなものが目立つ時ありませんか?

これって何なのフケなの??

猫ってフケが出るの?

フケが出るってことはうちの猫は不潔ってことなの??

会社の上司の肩に落ちたフケ思い出してしまったり・・・。

今日は猫のフケについてです。

スポンサーリンク

ブラッシングの時の白い粉はフケ?

猫のブラッシングの際に出る白い粉のようなものそれはフケです。

人間同様、猫でもフケは出ます。

大量でなければ健康上の問題もありません。

人間だって病気でなくてもフケぐらい出ますよね。

ねこによっても出やすいや出にくい体質があますが、背中や尻尾の付け根によく見られます。

あまりにもフケが大量にでる場合は病気の疑いもあります。

猫ちゃんの様子をいつもより注意して観察し獣医さんへ相談してくださいね。

フケって何??

猫のフケも人間と同様に新陳代謝と肌の乾燥が原因です。

フケは不要になった古い皮膚が剥がれたもので、誰にでも発生しています。

しかし皮膚の油分が足りなかったり、乾燥すると剥がれやすくなるのでフケも多くなってしまいます。

そのため冬場や春先に多く出ますが、室内飼いのねこちゃんは夏場のエアコンでの乾燥の場合も考えられますね。

また、ストレスによってもフケが出やすくなると言われています。

誰にでも出るフケ、とりあえず一安心です。

フケの対処方法は??

シャンプー

病気ではないと分かってもちょっと気になる猫のフケ。

出てしまうのは仕方がありませんが、飼い主さんがちょっと気を付けることで少なくすることが出来ます。

フケの対処防をまとめてみました。

ブラッシング

うちのニャンズも大好きブラッシング!

ブラッシングには猫のリラックス効果や血行を良くする、皮膚を健康にする効果もあります。

力を入れすぎず毛の流れに沿って優しくブラッシングしてあげて下さい。

短毛種の猫は2日に1回、長毛種の猫は毎日のブラッシングが目安です。

まれにブラッシング嫌いの猫さんもいらっしゃいますよね。

その場合は、温めたタオルで全身を拭いてあげても良いですね。

結構も良くなり体も温まってねこさんが喜びますよ。

シャンプー

猫さんの体に付いてしまったフケや汚れを落としてくれるシャンプーは沢山販売されています。

人間のシャンプーは香りや洗浄力が強すぎるので必ず猫専用のシャンプーを使用して下さいね。

シャンプーを嫌がらない猫さんには効果的でオススメです。

お風呂嫌いの猫の場合、慌ててしまいすすぎ不足の為皮膚が荒れてしまったり、フケが増えたりすることもありますので十分にすすいで下さいね。

シャンプー嫌いの猫さんにはウエットシートでの拭くだけのシャンプーもありますよ。

湿度を調整する

乾燥がフケの原因になっている時は加湿器を使って湿度の調節も効果的です。

猫が暮らすのに快適な湿度は50%前後です。

冬だけでは無く夏のエアコンでも乾燥してしまいますので、夏でも湿度には気をつけたいですね。

人間のお肌も冷房でかなり乾燥しますよ〜。

ねこさん同様気をつけたいですよね。

ストレスを取り除く

猫って自由気ままに生きているようで結構繊細ですよね。

ストレスが原因でフケが出ている場合は、ねこのストレスを突き止めて無くす事が重要です。

ストレスがひどくなると色々な体調不良にもなりますので早めに対処したいですね。

猫のストレスの主な原因

  • 生活環境の変化

引っ越しでの環境の変化や、近くで工事が始まったなど音によるストレスもあります。

  • 猫が増えた

自分のテリトリーに他の猫がやって来ればストレスは溜まりますよね。

  • エサが足りない、合わない

エサを変える場合は使用しているエサに新しいエサを少しずつ混ぜて変えて下さいね。

  • トイレが汚い

猫の聖域トイレが汚いと排泄が上手く出来ず他の病気にも繋がりますよ。

  • 部屋の模様替えなどで安心出来る場所がなくなった。

などです。思い当たるものが無いか確認してくださいね。

フケの原因は猫の暮らし方や体質によって様々です。

しかし、フケの量が余りにも多く猫ちゃんにいつもと違う様子がみられる場合は、ダニや病気の可能性もあります。

獣医さんへ相談してくださいね。

フケと一緒にこんな症状が出たら注意!

大量のフケ+脱毛、かさぶた、皮膚が荒れている。

これらの症状に気づいたらダニやカビに感染している可能性があります。

早めに獣医さんに相談してください。

スポンサーリンク


大量のフケで疑われる病気

病気

  • ツメダニ症

猫にツメダニというダニが寄生することで起こります。

比較的若い猫に寄生することが多いダニです。

症状:頭部や背中に大量のフケや脱毛がみられる。

猫が寄生されても痒みはそれほど無いと言われてますが人間にうつると強烈な痒みがあります。

治療方法:薬用のシャンプーでツメダニを洗い流します。

その後2,3週間おきに殺ダニ薬を注射します。注射の回数は平均2~3回です。

  • 皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう)白癬(はくせん)

皮膚糸状菌と言うカビの感染が原因です。

すでに感染している動物からの接触で感染します。

子猫や長毛種の猫、ストレスに多い猫が感染しやすいと言われています。

症状:顔や耳、手足に円形状の脱毛ができて、その周りにフケやかさぶたが表れます。

治療方法:専用のシャンプーで薬浴したり、抗菌薬の服用や軟膏などを塗ります。

薬を塗りやすくするために感染したところの毛を剃ってしまったりします。

治療には長くて数ヶ月かかる場合もあります。

気になる費用は??どれくらい?

費用は病院によって様々ですが、一般的に皮膚病の治療としては診察、検査、シャンプー、駆除薬などを含め1回の治療で3,000円~5,000円くらいです。

ひと月に2回の治療が必要となると、月に10,000円くらいの治療費は必要になりますね。

いずれの病気も感染している動物との接触でもらってくるケースがほとんどです。

外に出ることの出来るねこさんの場合、日頃の様子を気をつけて見てあげて下さい。

多頭飼いの場合一匹が感染すれば他の猫さんにも感染しましので、全てのねこさんをチェックしてくださいね。

また、ノミやカビは猫を飼っている生活環境によってもリクスの違いがあります。

猫さんが暮らす環境はいつも清潔にしてくださいね。

まとめ

ヒント

猫の背中から尻尾にみられる白いものはフケ。

ある程度のフケはどの猫にも出る。

飼い主のケアでフケは少なくすることが可能。

大量のフケは病気の可能性もあるので獣医さんへ相談する。

フケは誰にでも、どんな猫にも出るものです。

しかし猫からの何らかのサインが隠されているかもしれません。

ちゃんと気付きケアしてあげることで愛猫さんの健康にも繋がります!

こちらの記事も併せてどうぞ!

暖かい時期になると愛猫のノミやダニ!気になりますよね。 ”うちは完全室内飼いだから大丈夫だろ。”っと安心していませんか? ノ...
ルンバに乗る猫の動画を見てから出来るのであればうちでも見てみたい! そんな不純な動機からお掃除ロボットの購入を考えいろいろ...

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする