猫も白湯が好き。実践済み!効果あり!!愛猫の飲み水の増やし方




健康

 

こんにちは。

 

猫って猫舌だと思いますよね。

 

私もずっと思ってました。

 

猫舌だから冷たい物しか食べないとか。

 

しかし先日、驚きの光景を目にしたんです。

 

うちの猫が私の飲みかけの白湯を飲んでいました!

 

しかも、結構長い時間。

 

明らかにいつもの冷たい水よりも勢いが良く、美味しそうに飲んでいたんですよ!

 

そこで、気になって調べてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

猫が白湯が好きな理由

 

猫の体の特徴や好みが分かれば白湯が好きな理由が見えてきます。

 

白湯が好きな理由はこの2つ。

 

 

 

1,カルキ臭く無い

知っての通り猫は鼻の良い動物です。

 

私達が気にならない程の匂いも敏感に嗅ぎ取る能力があります。

 

水道水に含まれるカルキ(残留塩素)の匂いが猫にとっては不快だったんですね。

 

 

 

2,ちょうど良い温度

水道水の温度は年間平均で16~17度です。

 

猫にもよりますが、30度前後の水を好んで飲む猫さんが多いみたいなので、やはり冷たすぎたのでしょうね。

 

 

このような理由から、ちょっと冷めた飼い主の白湯を飲んだのでしょう。

 

 

白湯を飲ませた理由

普段なら人間のご飯を食べたそうにしているニャンズにはしっかりと怒ります。

 

しかし、今回は飲みかけの白湯を飲んでも怒ったり、取りあげたりはしませんでした。

 

 

なぜなら、今年の健康診断時に血液がドロドロで採血が出来ないという事件があったからです。

 

猫も痛がるし、獣医さんからはもっと水を飲ませるように!と指導されました。

 

水を飲む量を増やす事を真剣に考えていた私にとって愛猫の白湯好きはまさに、大発見でした!

 

 

猫が水を飲まないことで起こるリスク

健康診断で注意を受けたわたし、ではなぜ獣医さんはそんなに飲み水の量を増やすように指導したのでしょうか?

 

それは、ずばり!

 

猫の慢性腎不全の予防の為です。

 

猫にとって腎臓の病気はとても恐ろしいもの。

 

一体どのようなものなのでしょうか?

 

腎臓の役割

猫

 

腎臓は体内の血液を清潔に保つため、血液を濾過し老廃物を尿として体外に排泄する役割をもっています。

 

腎臓が正しく機能しないと本来体内にあってはいけない老廃物があるという状態になってしまいます。

 

腎臓の機能がほぼ無くなり老廃物が体にたまった(尿毒症)状態になると、全身倦怠、食欲不振、嘔吐、痙攣などの症状が表れます。

 

絶対に辛いですよね。書いているだけで辛いです!

 

 

 

もっとある慢性腎不全の怖さ

慢性腎不全の恐ろしさは分かりましたが、なぜそんなに注意しなければいけないのでしょうか?

 

それは、腎臓の機能は一度壊れてしまうと元には戻らず治す事ができない。のです。

 

今の治療では症状の進行を遅くすることしか出来ず、完治しないのです。

 

なので、当然闘病生活も長くなり猫にも飼い主にも負担がかかります。

 

腎臓病にかかると査や入院、点滴などの治療で最低でも月に3万円の治療費がかかると言われています。それでも完治はしないのです。

 

猫にとっても辛い思いさせます。そして飼い主さんにとっては精神的にも金銭的にも辛いですよね。

 

 

慢性腎不全の症状はよほど悪くならないと現れることがありません。

 

気づいた時は手遅れの状態まで悪化していることがほとんどです。

 

 

なので!予防と早期の発見が大事です。

 

 

スポンサーリンク

 

早期発見と予防方法

愛猫に辛い思いをさせないためにも早期発見と予防が大事!

 

日頃から出来る予防策をまとめました。

 

  • 健康診断などで早期発見を心がける。

 

  • 腎臓に負担をかけなくする食事や飲み水を増やす

 

飲み水を増やすことで、腎不全の原因にもなる猫下部尿路疾患(膀胱炎、尿結石などを)予防することが出来ます。

 

 

猫に必要とされる水の量

水225

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かかりつけの獣医さんへ伺ったところ、猫に理想的な1日の水分量は猫は体重1キロあたり約50mlとの事でした

 

この約50mlという量には、猫さんが食事から取る水分も含まれます

ドライフードには5〜10%、ウエットフードは約75%が水分が含まれていると言われていますよ。

 

 

うちの茶白さんは約4,5キロなので約180〜約225mlが必要と言うことになります。

 

フードから取れる水分量を考えても、そんなに飲んでない気がします・・・・。

 

みなさんの愛猫さんはどうですか?

 

猫の健康のためにも飲み水は増やしたいですよね。

 

そこで、もっと沢山のお水を飲んで頂くための方法まとめました。

気になるものがあれば試してくださいね。

 

 

1日の水の量を増やす方法

  • ウエットフードを与える
    ウエットフードにすることで食事から水分を取ることが出来ます。

 

  • 器を変える
    プラスチックの器では匂いが付きやすいので陶器かステンレスの器に変更する。

 

  • 流水器に変える
    猫は流れる水が好き。という習性を利用。

 

  • 水道水をそのまま与えない
    水道水に含まれるカルキ臭や鉄分の匂いを猫が嫌う為、一旦沸騰させ与える(白湯)。

 

  • 水飲み場の数を増やす
    ねこが簡単に水を飲みに行ける環境をつくる。

 

 

我が家で実践して効果のあった方法はこちらの記事で!

https://s-namini.com/post-2993/

 

 

白湯の効果

今回うちのニャンズには白湯が効果的でした。

 

人間に様々な良い効果を与えてくれると話題にもなった白湯、いったいどんな効果があるのでしょうか?

 

 

白湯の主な効能

血液の循環が良くなり代謝アップ。

脂肪が燃焼されやすくなるので痩せやすくなる。

内蔵機能が活発になりデトックス作用がある。

新陳代謝が活発になり美肌効果も期待出来る

 

 

これは良い!猫様だけでなく自分も飲みたい!

 

白湯って冷ましたお湯のことですよね。

 

なにより簡単にできそうなのが魅力的ですよね。

 

 

白湯の作り方

 

鍋などに水を入れる。強火にかける。

沸騰したら、10分程度弱火で沸かす。

飲めるくらい(50度前後)に冷まして、ちびちびと時間をかけて飲む。

 

 

 

もちろん、白湯にすることで注意することもあります。

 

 

 

白湯にして飲ませる場合の注意点

白湯にすると塩素やカルキが抜けて猫ちゃんにとっては飲みやすくなりますが、
痛みやすくなるので毎日の交換が必要です。

 

 

白湯はこんなに簡単な方法で作れて、怖い慢性腎不全の予防にもなる優れもの。

 

飼い主さんの美容と健康のためにも一度、お試ししてはどうでしょうか?

 

 

まとめ

 

水

 

猫の飲み水を白湯にすることで、水を飲む量が増えた。

 

猫が白湯を好きな理由は、カルキの匂いが無く、温度も適温のため。

 

猫の慢性腎不全の予防には飲み水の管理が大事。

 

 

慢性腎不全の予防にはまだまだ出来ることがあるはず、少しずつ勉強して、いつまでも愛猫が元気で楽しく暮らせるよう実践していきたいと思います。

 

 

それでは、あなたとあなたの愛猫さんが末永く健康で暮らせますように!

 

こちらの記事も併せてどうそ!

https://s-namini.com/post-236/

https://s-namini.com/post-2575/

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)